ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 分類でさがす > くらしの情報 > ライフステージ > 老後・介護 > 実際に介護や支援が必要になったら
ホーム > 分類でさがす > くらしの情報 > 福祉 > 介護 > 実際に介護や支援が必要になったら

実際に介護や支援が必要になったら

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年7月31日更新


実際に介護や支援が必要になったら

要介護認定を受けましょう

身の回りのことに支援や介護が必要と感じたら、要介護認定の申請をしましょう。要介護認定とは、その人が「介護が必要な状態かどうか」、「どのくらいの介護が必要か」を判定するもので、支援や介護が必要と判断されれば、要支援1・2、要介護度1~5までの7つの段階に認定されます。

申請方法

本人や家族がりんくるに直接来て申請する方法と事業者に代行してもらう方法の2通りがあります。

申請に必要な書類

申請書に介護保険の被保険者証を添付してください。40歳から64歳の方は、医療保険証が必要です。印鑑などは特に必要ありません。