ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

いしかり市民カレッジ

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年7月31日更新


総務省「市町村の活性化施策77事例」に選定

いしかり市民カレッジの学長である市長へ報告しました。

総務省が全国の市町村を対象に先進的な取り組み事例等を紹介する平成23年度「市町村の活性化施策77事例」に、いしかり市民カレッジが選ばれました。

いしかり市民カレッジは、平成16年に公民館が実施する講座の企画に市民の参加を募ったことをきっかけに、市民が主体性を発揮しながら拡大・発展し、平成21年に市民協働型の生涯学習システムとして始まりました。
これまで行政が提供してきた生涯学習の場を、事業予算も含めて市民が自らのアイデアで作り出し、継続的に運営できる体制を作り上げました。
なお、「市町村の活性化施策77事例」の報告書は、総務省のホームページに掲載されています。

いしかり市民カレッジ

いしかり市民カレッジは、市民ボランティア「いしかり学びをつくる会」と石狩市教育委員会が協働でつくる新しい学びの場です。