ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 分類でさがす > 観光情報 > 観る・学ぶ > 歴史・文化 > 石狩市教育委員会文化芸術支援制度

石狩市教育委員会文化芸術支援制度

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年7月31日更新


石狩市教育委員会文化芸術支援制度

制度の目的

 平成22年11月30日に創設した本制度は、「地域に根ざした企業等」と、「文化芸術に関する担い手たる団体等」と、「石狩市教育委員会」の3者が協力連携して、本市の文化芸術振興を図ることを目的としている新しい制度です。
 本制度の特徴は、支援者となる地元企業等が実施者となる文化活動団体等に対し、毎年10万円以上の寄付金を3年以上継続して支援することによって、文化芸術振興をより効果的に発揮できるようにするものであり、市教委は両者の調整役として支援します。

制度の概要

 制度を定めた要綱(抜粋)は以下のとおりです。

  制度要綱(PDF形式:11.3KB)


覚書の調印・認定証の交付

第1号

 平成22年12月8日、市役所にて、第1号の支援者となる「(株)北海道丸和ロジスティクス」と、第1号の実施者となる「NPO法人石狩市文化協会」と、「石狩市教育委員会」の3者が覚書に調印しました。
 このことにより、支援者から実施者へ、年30万円を5年間にわたり支援することが決まりました。
 調印の後、「石狩市教育委員会」から「(株)北海道丸和ロジスティクス」へ認定証を交付いたしました。

覚書の調印 認定証の交付

第2号

 平成23年7月27日、第2号の支援者となる「協同組合三友環境保全センター石狩美術館」と、第2号の実施者となる「石狩ユネスコ協会」と、「石狩市教育委員会」の3者が覚書に調印しました。
 教育委員会から石狩美術館へ認定証を交付し、石狩美術館から年10万円を3年間にわたり石狩ユネスコ協会へ支援することが決まりました。

覚書の調印 認定証の交付


支援者の募集

この制度に基づく、支援者を広く募集します。
地元企業等の皆様からの多くの支援をお待ちしておりますので、まずは「社会教育課」へご相談願います。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)