ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織・課名でさがす > 社会教育課 > 平成24年度(第8回)俳句コンテスト選考結果

平成24年度(第8回)俳句コンテスト選考結果

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年7月31日更新

平成24年度(第8回)俳句コンテスト選考結果

句碑の前で撮影(右から、市長、天位の小玉さん、選者の松倉先生、小西先生、文化協会山口会長)

 兼題を「港」及び自由題とした俳句コンテストに、全国からたくさんのご応募をいただきありがとうございました。選考の結果、全248作品(124名)の中から、以下のとおり受賞作品が決まりました。

 表彰式・句碑披き(天位受賞作品1点)は、平成24年9月23日(日曜日)11時から、第49回石狩さけまつり会場の弁天歴史公園内で行われました。 
 【句碑の前で撮影(写真:右から、市長、天位の小玉さん、選者の松倉先生、小西先生、文化協会山口会長)】

受賞作品

天位

  • 行く船が港に残す盆の月             (石狩市  小玉 富士子)

    (注意)弁天歴史公園通りに句碑を建立

地位

  • 春一番膨らむ港翼持つ               (福島町  池田 栖歩)
  • 夏燕飛び交ふ港ターミナル             (せたな町  笹森 君子)
  • 港の子テトラポッドで夕涼み            (訓子府町  小林 昭子)
  • 港内の朝市蝦蛄のゆであがる          (石狩市  日下 久夫)
  • 虹の輪の大きくかかる帰港かな          (札幌市  板本 敦子)

人位

  • 鮭が好き夕陽が好きで港に生く           (東京都  野村 信廣)
  • 沖待ちの船を灯して海霧港            (小樽市  村上 千代)
  • 帰省子の先ずは港へ一目散            (寿都町  原田た江子)
  • 出港の夫へ日傘を大きく振り            (札幌市  長瀬 春枝)
  • 港外に仮泊の明り台風裡              (小樽市  佐々木順子)
  • 新港の真白き風車風光る               (札幌市  仁和  亮)
  • 片蔭に寄りてみくじを開けてをり           (茨城県  松本 正勝)
  • 朝凪に船を押し出す港かな             (浜頓別町  中場 源二)
  • 青嵐竜骨曝す漁港かな                (室蘭市  井戸  良)
  • 帰省して港の風を浴びてをり            (東京都  大久保 昇)
  • 花菖蒲源氏絵巻の彩を解き             (大阪府  阪口 桂香)
  • 黄砂着る船も港も島々も              (福岡県  赤松 桔梗)
  • 時化三日波の華舞ふ避難港            (札幌市  田森つとむ)
  • 漁船出て港がらんと薄暑光             (浜頓別町  高木 清風)
  • 手づくりの弓に射らるるこどもの日        (登別市  寺島きしを)

佳作

  • 流氷に口塞がれし港町               (清水町  小原 松雄)
  • 冬ざれの母港に眠る独航船            (福島町  藪内 峡泉)
  • 大漁旗はためく港夏つばめ             (小樽市  木原 槇枝)
  • 老人とむきあふ少女ソーダ水            (登別市  工藤 信樹)
  • 台風をさけて寄りそふ舫ひ船           (石狩市  菊地 すえ)
  • 語り継ぐ石狩油田草いちご            (札幌市  猪俣 総恵)
  • 出港の波音たたむ星月夜              (札幌市  星  徳男)
  • 拳骨の味は師の味昭和の日            (歌志内市  高瀬 仁孝)
  • つくし生ふ地のつぶやきと思ふまで        (日高町  遠藤 孝明)
  • 秋惜しむ空に富士見る焼津港           (東京都  伊澤 朝子)
  • 出港を送る母子の夏帽子              (浜頓別町  綱渕 俊子)
  • 水揚げのこゑの飛び交ふ冬港           (札幌市  板本 敦子)
  • 海峡を渡りて届く新茶の香             (北見市  田中美津子)
  • 船が来る期待が廻す白日傘            (東京都  大久保さく子)
  • 赴任地は港いく度老の春              (室蘭市  中畑 幸江)
  • 冬囲いはずし港の灯もこぼれ           (羽幌町  小野 天翼)
  • 春暁の漁港賑ふ糶りの声             (木古内町  竹 公星子)
  • 右雄冬左積丹冬落暉                (札幌市  田森つとむ)
  • 凍港を割って上架の船下ろす           (浜頓別町  高橋 北秋)
  • 西瓜切る家族の顔の真中に            (今金町  辻  知子)

【選者】
松倉 ゆずる 氏(俳誌アカシヤ主宰)
小西 龍馬 氏(北海道俳句協会顧問)