ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織・課名でさがす > 社会教育課 > 平成25年度(第8回)こども俳句コンテスト選考結果

平成25年度(第8回)こども俳句コンテスト選考結果

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年7月31日更新

平成25年度(第8回)こども俳句コンテスト選考結果

第8回目となる「こども俳句コンテスト」に、市内小中学校21校から2,162名(小学校13校1,511名、中学校8校651名)の応募をいただき、選考の結果、以下のとおり受賞作品が決まりました。たくさんのご応募ありがとうございました。

受賞作品

小学生の部

 優秀賞(10句)

  • 一等賞とって父の日プレゼント          (石狩小4年 小野 紗耶加)
  • ブランコでぐっとこげば青い空           (花川小5年 田中 優名)
  • 朝起きて窓を開ければ雪景色          (花川小6年 萩坂 太一)
  • 新しい水着でとびこむ海水よく          (南線小3年 後藤 涼花)
  • 夜桜が散りゆく季節夜の風            (南線小6年 勝山 天海)
  • かぶとむしたかくのぼってうれしそう       (紅南小1年 高橋 壮汰)
  • 夏祭りたいこの音がひびく夜           (紅南小4年 上窪 綾華)
  • スタンツで思い出の汗かきました         (紅南小6年 辻井 汐香)
  • 騎馬戦を応援しているせみの声         (紅南小6年 菊地 栞)
  • 青空で泳いでみたいと思う夏           (双葉小6年 桑原 瑠菜)

 佳作(20句)

  • かくれんぼ頭かくして白い息            (花川小5年 中村 渓晋)
  • 石狩の笑顔あふれる鮭祭り             (花川小5年 渡部 樹)
  • バッタがねはねているよ王様だ          (南線小3年 佐賀 優翔)
  • ソーメンがいつ流れるかドキドキだ        (南線小3年 赤山 結衣)
  • 山のぼりしんどい山をのりこえる         (南線小5年 小林 心優)
  • 山登り聞こえてくるよせみの声          (南線小5年 芹野 大成)
  • うまのほほおしのけつみたいすみれぐさ     (南線小6年 栗田 みのり)
  • ほほなでるやさしい風が春を呼ぶ        (南線小6年 大森 美咲)
  • 日に焼けて服を脱いだら黒と白          (南線小6年 山口 泰史)
  • 初夏の風ざわざわ話す緑の木           (南線小6年 小林 礼奈)
  • 銀の月氷の大地みな眠る             (南線小6年 三浦 和紀)
  • 初夏の風木もれ日揺らしやさしかな        (南線小6年 小林 恵理子)
  • 夏の海光り輝く宝石だ                (南線小6年 清水 康多)
  • かきごおりあたまがきーんつめたいな      (紅南小1年 中井 大翔)
  • 木の下でたくさんのひとすずしそう        (紅南小2年 水谷 真悟)
  • ソーダすいピリピリはねておいしいな       (紅南小3年 田中 寧音)
  • 七色にキラリと光るしゃぼん玉          (紅南小3年 鈴木 ゆら)
  • 夏の日の燃える野球にあつくなる        (紅南小5年 中島 優人)
  • 青蛙この鳴く声は夏の声              (八幡小6年 須藤 鷹也)
  • たなばたは私の中のおひめさま          (双葉小6年 浅野 澪)

【中学生の部】

 優秀賞(10句)

  • 炎天下かげろう動く道の先             (花川中1年 石王 大地)
  • 炎天下ゆらりとゆらぐ僕の影           (花川中2年 岡 晴香)
  • 蝉の声たった一週の尊さよ             (花川中2年 鈴木 慶司)
  • 寝転びて網戸を見ればせみの影         (花川中3年 齋木 のぞみ)
  • オリオンをなぞる指先冬の空            (花川中3年 石田 健太)
  • 流れ星叶わぬ恋と知りながら           (花川中3年 平山 恵都)
  • げたの音円になりけり盆踊り           (花川南中3年 別所 真帆)
  • 新緑の光溢れる通学路               (樽川中3年 松林 奈波)
  • 夕焼けの親と子遊ぶ紅葉山            (樽川中3年 見上 健太)
  • 鉢植えのトマトの実る季節かな          (樽川中3年 一戸 祐矢)

 佳作(20句)

  • 春の風ちいさな命まいていく            (石狩中3年 石原 ゆな)
  • カラフルな色が飛び交う体育祭          (石狩中3年 吉岡 未来)
  • たなばたの夜空の星に願い事           (花川中1年 岩崎 凜)
  • ふうりんのおとでかんじるかぜのこえ       (花川中1年 五十嵐 あみ)
  • 浴衣着たあなたを見たら恋心           (花川中1年 岩岡 優人)
  • 流れ星かなえばいいな願い事          (花川中1年 坂野 雄大)
  • 夏の海真っ赤な太陽浮び出る           (花川中2年 高橋 太響)
  • 鳥の巣立ちいつか自分も鳥になる        (花川中3年 小林 保乃花)
  • 夏祭りやけに甘いなりんごあめ          (花川中3年 蛯名 佑乃)
  • 雪景色名もない画家から贈り物         (花川中3年 石川 みにい)
  • 蛍烏賊春を教える道しるべ             (花川南中3年 阿部 宏保)
  • おかえりとほほえむように涼風が         (花川北中3年 中山 茉侑)
  • 残雪が日々消えてゆく手稲山           (花川北中3年 丸山 陸)
  • 手稲山窓から見える雪景色            (樽川中3年 坂東 昌哉)
  • 年賀状手書きにこだわり間に合わず       (樽川中3年 首藤 愉珍)
  • 草あつめ小さな蓑虫冬支度            (樽川中3年 高関 優花)
  • 春を待つ厚田の海やかもめ鳴く          (樽川中3年 加藤 優喜乃)
  • 海風にはまなすかおる港町            (樽川中3年 吉谷 迪果)
  • ホーホケキョ毎日聞こえる校舎裏        (厚田中1年 渡邉 遥)
  • たんぽぽをふまないように通学路         (厚田中3年 槻舘 妙香)

【選者】

「俳句のまち・いしかり実行委員会」
小泉 千孝 氏(石の花俳句会)、樋口 博 氏(石狩文芸同好会)、
五十嵐満行 氏(石狩憩吟社)、 笠原 泰江 氏(石の花俳句会)