ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織・課名でさがす > 社会教育課 > 平成28年度(第12回)俳句コンテスト選考結果

平成28年度(第12回)俳句コンテスト選考結果

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年11月18日更新

 

  • 平成28年度(第12回)俳句コンテスト選考結果
  • 受賞作品

    平成28年度(第12回)俳句コンテスト選考結果

    兼題を「水芭蕉」及び自由題とした俳句コンテストに、全国からたくさんのご応募をいただきありがとうございました。選考の結果、全312作品(156名)の中から、以下のとおり受賞作品が決まりました。 

  •  表彰式は、平成28年10月16日(日曜日)、第61回石狩市民文化祭舞台部門会場(花川南コミュニティセンター)で行なわれました。また、句碑(天位作品1点)を弁天歴史通りに建立しました。

    受賞作品

    (天位)

    無辜の民祀る灯か水芭蕉          札幌市    島   泰

    ・弁天歴史公園通りに句碑を建立 


    (地位) 
    児を守る母の姿や水芭蕉         名寄市    竹澤 純子

    石狩の日暮れ明るき水芭蕉      石狩市      幸地 加代

    白妙のおんぞはかしこ水芭蕉     石狩市   錦織   悟

    せせらぎはよき子守歌水芭蕉     広尾町   伊藤 貞子

    再会の無言をうめる水芭蕉      広島県   藤井 茂基
     

    (人位) 
    せせらぎとおとぎ話の水芭蕉      小樽市   眞壁 睡渓

    野の仏在す光背水芭蕉           札幌市   芝□ 秋水 (□:崎の字は山へんに立可)

    谷の水満ちくる力水芭蕉          山形県     大橋 良冠

    マクンベツの謂れ知らねど水芭蕉  石狩市     坪田 正光

    天と地の光をあびて水芭蕉       岩見沢市     石井 国夫

    イナウゆれ水面揺れゆく水芭蕉      羽幌町   川平 康雄

    風はらむ水は揺り籠水芭蕉        歌志内市    横山 冬青

    つつましく榛の根方の水芭蕉         石狩市    小泉 千孝

    水芭蕉渡船場跡に二、三株        札幌市     菊地 勝弘

    瀬はいつも古里のこゑ水芭蕉     歌志内市     高瀬 仁孝

    一閃の日矢にいろめく水芭蕉         洞爺湖町    矢野 知子

    水芭蕉はつかに染めて夕茜       石狩市   南場 征哉

    山の子の声あをあをし水芭蕉     神奈川県   竹澤  聡

    祖父の鍬拓きし沢よ水芭蕉         札幌市   猪俣 総恵

    先人と語りたき日の水芭蕉        石狩市   戎屋 健一

     

    (佳作)

    佐保姫の恋の吐息や水芭蕉      札幌市   鎌田  誠

    夏帽子並ぶ岬の展望台        清水町   小原 松雄

    無垢なれば傷つきやすき水芭蕉   小樽市   大場 ちさ

    浮雲を水面に映し水芭蕉          石狩市     山根 利子

    水に帆の確と映ゆるや水芭蕉      札幌市   石塚 紀久雄

    水あらば水に恋して水芭蕉       羅臼町    小野寺 千鶴枝

    朽ち果てし沼地に息吹く水芭蕉     美深町     飯塚  孝

    暑寒別岳伏流と聞く水芭蕉          札幌市    小林 博枝

    光彩をまとひて出でし水芭蕉      石狩市   中矢 真弓

    いとほしく吾子抱くごとき水芭蕉     岩内町   松本 きよし

    海胆漁を継ぐ少年の櫂さばき       蘭越町   石坂 寿鳳

    いしかりにオアシスありて水芭蕉    札幌市    川元 玲子

    水芭蕉うごくともなき水にほふ     黒松内町    茂尾 喜美子

    水芭蕉旅の終りの眸を洗ふ        静岡県    二藤  覚

    木洩れ日の静寂に咲けり水芭蕉   石狩市    五十嵐 満行

    我が背より母の指さす水芭蕉       山口県   宍戸 勝正

    暮れて尚水芭蕉の白灯しけり      松前町    川内谷 弘美

    杣小屋に窯の跡あり水芭蕉        釧路市   高杉 杜詩花

    風の声聞き分けてゐる水芭蕉        群馬県   武藤 洋一

    沢音はユーカラの唄水芭蕉        札幌市   加藤 弘美

     

    【選者】 小西 龍馬 氏(北海道俳句協会顧問)、横山 いさを 氏(樅俳句会代表)