ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織・課名でさがす > 社会教育課 > 平成29年度(第12回)こども俳句コンテスト選考結果

平成29年度(第12回)こども俳句コンテスト選考結果

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年2月8日更新
  • 平成29年度(第12回)こども俳句コンテスト選考結果
  • 受賞作品

    平成29年度(第12回)こども俳句コンテスト選考結果

    第12回目となる「こども俳句コンテスト」に、市内小中学校21校から2,744句(小学校13校1,912名、中学校8校832名)の応募をいただき、選考の結果、以下のとおり受賞作品が決まりました。たくさんのご応募ありがとうございました。 
     表彰式は、平成29年10月15日(日曜日)、第62回石狩市民文化祭舞台部門会場(花川南コミュニティセンター)で行われました。

    受賞作品

    【小学生の部】 
       優秀賞(10点)

    桜咲き希望と夢があふれてる                 (花川小4年 丸山 沙彩)

    新学期いろとりどりのランドセル                (花川小6年 宮本 奏月)

    たんぽぽのはなでつくったくびかざり              (生振小1年 藤田 優亜)

    春にはね一年生がやってくる                  (南線小4年 吉田 圭汰)

    弁当にありがちょこちょこ登ってる                 (南線小5年 一條 大輝)

    太鼓の音夏の夜空に鳴り響く                    (紅南小6年 干場 妃莉)

    つうがくろほほをくすぐる初夏のかぜ            (緑苑台小5年 相田 真希)

    とう台のあかりがてらすさけのむれ             (緑苑台小6年 笠井 絆愛)

    あぶないよどっちへいこうスイカわり              (聚富小3年 乘木 蓮華)

    こいのぼり家族みんなで空食べる                (聚富小5年 吉野 来飛)

     

       佳作(20点)

    ツルツルな氷の道路おさないで                      (南線小3年 向井 紗那)

    春一番ぐるぐる回るかざぐるま                      (南線小3年 田村 明依)

    スキーしてビュービュー動く風の音              (南線小3年 岡田 空琉未)

    わた毛まう夏の始まり日の光                   (南線小4年 菅原 寿音)

    石狩市川の流れるさけの町                       (南線小4年 藤本 百花)

    遠足は苦しみながらの達成感                        (南線小5年 奏 翔馬)

    夏祭り夜空に開く恋の花                                (南線小6年 柴田 鈴音)

    夏の朝体操行けとさけぶ母                     (南線小6年 植田 琢磨)

    うつくしく夜にかがやく秋の月                       (南線小6年 中西 拓己)

    風鈴の音がひびける朝の空                           (双葉小5年 八ツ井 優南)

    ゆうやけをせなかにのせてかえるみち             (双葉小6年 藤田 優至)

    友達と遊んだ後に飲むラムネ                         (双葉小6年 菅林 美佑)

    つちのなかゆっくりそだつほうせんか               (花川南小3年 山田 さら)

    ゆうだちをずっとみているおんなのこ             (紅南小3年 塩谷 杏花)

    梅雨の日の小さなしずくのまんげ鏡             (紅南小5年 寺井 楓)

    いざ勝負かふんとかぜがきばせんだ              (紅南小5年 葛西 颯太)

    運動会熱く戦う仲間達                                      (紅南小5年 佐々木 輝咲)

    空にもねとどきそうだねヤマザクラ                   (八幡小5年 伊藤 愛華)

    サクラ散りあわいじゅうたんほんのりと            (八幡小6年 橋本 ひなた)

    かあさんもすっぴんになるうみびらき                (望来小4年 西川 慧人)

 

    【中学生の部】 
     優秀賞(10点)

    ◇じっと待つぼくのゆび先赤とんぼ                (花川中1年 木村 文哉)

    ◇八月は忘れてならぬ記念日が                  (花川中2年 岩浪 叶)

    ◇春の空煙たなびく浅草寺                              (花川中3年 徳田 大哉)

    ◇ぽかぽかと夢見ごこちな春の朝                     (花川中3年 松永 爽)

    ◇新緑の香り漂う建長寺                                 (花川中3年 岩井 師馬)

    ◇桜舞う向こうに赤いランドセル                    (花川中3年 臼井 彩七)

    ◇大好きだ言えずに散った夏の恋                (花川北中1年 工藤 悠)

    ◇悩む日々どこか似ているおぼろ月                (樽川中3年 小野寺 るな)

    ◇冬の海白波寄せる厚田港                             (厚田中1年 岩見 元)

    ◇風鈴のどこかさみしい音を聴く                        (厚田中3年 河野 琳悟)

 

       佳作(21点)

    ◇旅終えてサケの成魚ふる里へ                   (花川中1年 森 達也)

    ◇入道雲白と青の限定パレット                       (花川中2年 橋田 愛梨)

    ◇グラウンド選手を照らす夏日差し                    (花川中2年 佐藤 巧流)

    ◇部活動あせのにおいがしみてくる                (花川中2年 高橋 愛華)

    ◇まどのぞき若葉が笑うそよそよと                   (花川中2年 鈴木 大翔)

    ◇かもめ飛ぶ波の静けさ船の音                              (花川中2年 橋本 瑚彩)

    ◇花吹雪手を伸ばしてもすり抜ける                    (花川中3年 山本 彩花)

    ◇春風に私の心染められて                             (花川中3年 宍戸 佐千子)

    ◇木々の中すっと背を押す春の風                   (花川中3年 大久保 凪人)

    ◇ふと見れば散るもうつくし桜かな                    (花川中3年 星 彩芽)

    ◇雨のよう桜舞い散る銀閣寺                          (花川南中3年 野原 宏介)

    ◇石狩市手話に俳句にさけまつり                            (花川南中3年 柴田 愛鈴)

    ◇夏まつり射的でおとすこいと的                      (花川北中1年 高橋 昴大)

    ◇やまごしにめがうばわれるほしづきよ                (花川北中1年 木村 美結)

    ◇青い海その波こえる初鰹                             (花川北中1年 末廣 一刀)

    ◇春の空すてきな旅の予感する                        (花川北中3年 木村 駿太)

    ◇風薫り太鼓の音色運びけり                                  (樽川中3年 加賀 菜々子)

    ◇夏近し思い出すのは笑う祖父                    (樽川中3年 吉川 涼菜)

    ◇太陽に照らされ光る君の汗                                  (厚田中2年 三枝 義豊)

    ◇台風の高ぶる波が押し寄せる                              (厚田中2年 遠藤 銀士)

    ◇春の風受けて開くは幸の種                                  (浜益中3年  佐藤 亞見)

 

       【選者】 
     「俳句のまち・いしかり実行委員会」 
     赤繁 忠弘 氏(石の花俳句会代表)、五十嵐 満行 氏(石狩憩吟社)、 
     曳地 理子 氏(石狩文芸同好会)、笹谷 雅子 氏(石狩文芸同好会)