ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織・課名でさがす > 社会教育課 > 平成26年度(第10回)俳句コンテスト選考結果

平成26年度(第10回)俳句コンテスト選考結果

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年9月19日更新
  • 平成26年度(第10回)俳句コンテスト選考結果
  • 受賞作品

  • 平成26年度(第10回)俳句コンテスト選考結果

    兼題を「はまなす(または漢字標記、はま…王へんに攵 なす…瑰)」及び自由題とした俳句コンテストに、全国からたくさんのご応募をいただきありがとうございました。選考の結果、全270作品(135名)の中から、以下のとおり受賞作品が決まりました。
     表彰式は、平成26年10月18日(土曜日)、第59回石狩市民文化祭舞台部門会場(花川北コミュニティセンター)で行なわれます。また、句碑(天位作品1点)を弁天歴史公園通りに建立予定です。

    受賞作品

    (天位)
    ※はまなすやひねもす風の鎮魂歌   札幌市 藤林 正則
    (※はま…王へんに攵 なす…瑰)
    ・弁天歴史公園通りに句碑を建立
    (地位)
    はまなすのイランカラプテ日本海     帯広市 柳瀬 宗央
    はまなすや空襲ありし日の砂丘     札幌市 猪俣 総恵
    ※灯台の昼は華燭の実はまなす    余市町 横村 楓葉
    はまなすや足腰強き岬の子        札幌市 星 徳男
    流木が語り部となる夏の海        雨竜町 有田 茉莉
    (※はま…王へんに攵 なす…瑰)
    (人位)
    終戦日鍬もて捧げ銃したり        岩見沢市 石井 国夫
    ※はまなすや潮風のせて在来線     広尾町 伊藤 貞子
    ※はまなすや新造船の餅をまく      根室市 坂東 敏和
    さざ波はやさしき音よ実はまなす    小樽市 村上 千代
    ハマナスの黙解きほぐす日の匂     札幌市 氣田 和子
    積丹の海へはまなす発光す        洞爺湖町 矢野 知子
    車椅子押してはまなす見にゆかむ    石狩市 植木 郁子
    ※はまなすの教卓飾る一枝かな     石狩市 日下 久夫
    はまなすの香り残して海昏るる      小樽市 大場 ちさ
    いしかりの浜の光陰実はまなす     千歳市 大場 栄朗…※2
                              (※2…栄は火ふたつの下にひらかんむりと示)
    そのむかし石狩渡船場行々子      札幌市 川崎 京子…※3
                              (※3…崎は旧字体)
    ※仲良しへはまなすゆれる通学路   石狩市 遠山 キヨ
    ※人住まぬ家にはまなす咲にけり    石狩市 赤繁 忠弘
    ※はまなすや沖に夢継ぐ父子船     蘭越町 石坂 寿鳳
    捨舟に這ふはまなすの返り花       札幌市 加藤 弘美
    (※はま…王へんに攵 なす…瑰)
    (佳作)
    遠雷や遺跡は風の棲むところ       新得町 中島 土方
    はまなすの絵手紙を描き旅つづく     東京都 野村 信廣
    ※はまなすや最果といふ海の色     寿都町 原田 た江子
    ※はまなすや夕日をとどむ沖の海    釧路市 高杉 杜詩花
    母さんの背中狙ひし草矢かな       札幌市 石塚 危行
    ※はまなすの夕日滴る日本海      音更町 佐藤 吟秋
    両岸にハマナス咲いて渡し舟       石狩市 小玉 富士子
    はまなすや風に遊ばれ番屋跡      羽幌町 小野 天翼
    ※はまなすやハングル文字の青き壜  札幌市 伊藤 哲
    ※タラップを下りてはまなす咲く港    せたな町 笹森 君子
    ※はまなすを見てゐる母を見てをりぬ  静岡県 二藤 覚
    ※はまなすの風を抱きしむ無辜の像   札幌市 柴田 襄子
    ※はまなすや砂丘の起伏越へて海    小樽市 伊藤 玉枝
    ※はまなすの風通り行く無人駅      札幌市 深澤 雅子
    夕焼雲ひきて漁船の帰心かな      札幌市 吉野 早苗
    ※はまなすや刺に潮風絡みつく      浜頓別町 中場 源二
    ※はまなすや番屋に籠る波の音     松前町 川内谷 弘美
    ※実はまなす挿して夜長をリスト聴く   石狩市 山根 利子
    父の背に眠りて帰る祭髪           岩内町 松本 きよし
    ※はまなすや埋もれし船へ駈けゆく子 釧路市 鈴木 淳介
    (※はま…王へんに攵 なす…瑰)
    【選者】 小西 龍馬 氏(北海道俳句協会顧問)、横山 いさを 氏(樅俳句会代表)