ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

水質等のQ&A

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年3月10日更新

水質等のQ&A

蛇口から異物(砂等)が出たのですが?

容器等にクリーム色の物質(砂状)が付着するのですが?

蛇口から赤水が出たのですが?

蛇口から白濁した水が出るのですが?

水道水が塩素臭いのですが?

水道水が灯油臭いのですが、どうしたらいいですか?

水道水がシンナー臭いのですが、どうしたらいいですか?

蛇口から青い水が出る、もしくは浴槽の水が青く見えるのですが?

水まわり(浴室のタイル、流し台、便器の内側など)がピンクに着色されるのですが?

お茶やコーヒーが臭くて飲めないけど水道水が原因では?

飲用用井戸水の水質検査をしてもらいたいのですが

水道水の保存期間はどれくらいですか?

塩素剤による消毒方法は安全なのでしょうか?

浄水器は設置したほうがいいですか?

蛇口から異物(砂等)が出たのですが?

A:蛇口から出る異物としては、砂や管からの剥離物などが考えられます。

(1)砂の場合

 工事の際などでは細心の注意を払いながら実施していますが、誤って管の中に入ったものが出てきたものと考えられます。 また、近隣で水道工事があった場合に見受けられますので、お手数ですが水道施設課へお問い合わせください。

(2)剥離物などの場合

 鉄、スケール※を含む異物の場合は、給水管、配水管が古くなり錆び、内部に付着したスケールとともに、水圧や水流の変化で剥離して出てきたものと考えられます。

(3)黒っぽい異物の場合

 蛇口の継手などに使用されているパッキンの可能性があります。近年は給水管の老朽化に伴い年々問い合わせが多くなっていますが、パッキンであれば健康への影響はありません。

※スケールとは水中に溶けているミネラル分などが結晶化したものです。スケールは、白っぽい色などの砂状で、もちろん健康への影響はありません。

□ 石狩市建設水道部水道施設課 Tel:0133-72-3135


容器等にクリーム色の物質(砂状)が付着するのですが?

A:ガラスの容器や流し台の表面が乾燥したときや、蛇口、ポット、加湿器の口などにクリーム色などの物質(砂状)が付くことがあります。
 これは水中に溶けているケイ酸やミネラル分が結晶化したもので、スケール※といいます。

石狩地区の水道水は平成24年度までは地下水を水源としていたため、河川水を水源とする他都市に比べ、ミネラル分などが2~3倍多く含まれていました。
そのため、ミネラル分などが結晶化しやすく同様のお問い合わせは花川南地区を中心に多く寄せられています。

対応策としては、こまめに水分を拭き取り、ミネラル分を取り除くことをお勧めします。

※ スケールとは水中に溶けているミネラル分などが結晶化したものです。スケールは、白っぽい色などの砂状で、もちろん健康への影響はありません。

※ 石狩地区は平成25年度より水源が地下水から河川水(ダム水)に切り替わり、以前に比べ付着物は付きにくくなっています。

□ 石狩市建設水道部水道施設課 Tel:0133-72-3135


蛇口から赤水が出たのですが?

A:赤く濁った水が出た場合は次の事を確かめてください。

(1)ある日突然赤い水が出た場合

断水工事直後の水圧の変化で給水管内の錆が剥げて、赤水の原因になることがあります。その場合、蛇口からの放水によって比較的短時間で赤水が解消することが多いです。このような赤水は、工事や事故が原因であることも多いので、近くで工事や事故がなかったかを調べる必要があります。赤水が放水により短時間で解消しない場合は、水道施設課へご連絡ください。

(2)朝一番の水やしばらく水を使わなかった場合に赤水が出る

原因は、給水管の中に長時間滞留した水に金属(主に鉄)が溶出したためであり、家庭の給水管の老朽化による錆が考えられます。また、本管からの引き込み管が長かったり、使用水量に対して管の口径が大きすぎたりすると、水が滞留して赤水の原因になることがあります。
 きれいな水が出た後に少量の赤水が出て、また、きれいな水になるときは、給水管の接続部が錆びて起きることが考えられます。

赤水の対応策としては、給水管の交換を行うか、あるいは給水管の中の水をしばらく放水し、透明になってから使用するようにしてください。

なお、給水管の交換を検討される場合は、石狩市指定給水装置工事事業者にご相談ください。

※ 石狩市建設水道部水道施設課 Tel:0133-72-3135

※ 石狩市指定給水装置工事事業者(詳しくはここをクリック


蛇口から白濁した水が出るのですが?

A:水が白く濁るときは、透明なコップに水を取り、1~2分放置後、次の事を確かめてください。

(1)下の方から水が澄んでくる場合(工事による場合)

 空気の混入が原因です。水道工事などで空気が混入した場合にミルクのような水が出ますが、衛生的には全く心配ありません。

 (2)下の方から水が澄んでくる場合(水源による場合)

 石狩市の水源はすべて表流水となりました。石狩地区は平成24年度まで地下水を水源としていたため、水温は一年間を通して安定していましたが、比較的冷たいダム水に替わり、水道管の中で水温が上がることで、水の中に溶け込んだ空気が気泡となってミルクのような水が出やすくなっていますが衛生的には全く心配ありません。

 特に冬期間は給湯器で冷たい水が急激に加熱されたお湯によく見られます。

(3)透明にならない場合

 金属(亜鉛など)の溶出が原因で白濁する場合があります。

※ 家庭の給水管の老朽化が考えられますので、給水管の布設替えを行うか、あるいは給水管の中の水をしばらく放水し、透明になってから使用するようにしてください。

なお、給水管の交換を検討される場合は、石狩市指定給水装置工事事業者にご相談ください。

※ 石狩市建設水道部水道施設課 Tel:0133-72-3135

※ 石狩市指定給水装置工事事業者(詳しくはここをクリック


水道水が塩素臭いのですが?

A:水道法では、水道水を病原菌汚染から守り、安全に供給するために、蛇口の水の残留塩素濃度が0.1mg/L(0.1ミリグラムパーリットル)以上と定められています。

例えば、塩水を例にとると水1リットル中に0.1ミリグラムの食塩(0.1ミリグラムは1万分の1グラム)が溶けている状態を表します。ご家庭のお風呂で考えた場合、浴槽一杯分(約200L)に対して食塩一つまみ(約20ミリグラム)となります。

石狩市では、この塩素濃度を、適性かつ過剰でない濃度になるよう管理しています。

また、現在、市内各所に設置した複数の配水管末端部計測器で毎日、残留塩素濃度のほか色度、濁度等の異常がないかを監視しています。

塩素臭の感じ方は人により異なり、また、体調、気温などによっても違ってきます。臭いが気になるときは、冷蔵庫などで冷やすことで臭いを軽減できます。また、フタのない容器で沸かすか一晩汲み置きすることにより塩素臭をなくすこともできます。


水道水が灯油臭いのですが、どうしたらいいですか?

A:これは、自宅の灯油ホームタンクから灯油が漏れて、地下に埋設されています給水管に浸透し、水道水が油臭くなるという比較的多い現象です。

 このような状態になりますと、灯油が浸透している給水管を交換しなければ改善できません。

 さらに、給水管の周辺の土壌も汚染されていますので、土壌を置き換えしなければ改善しません。灯油ホームタンクなどの管理には十分ご注意してください。

※ 石狩市では、灯油タンクの下に給水管を埋設しないよう指導しております。家の増改築などで、灯油タンクの位置を変更される場合には十分ご注意ください。

灯油臭い場合は、水道施設課へご相談ください。

 ※ 石狩市建設水道部水道施設課 Tel:0133-72-3135


水道水がシンナー臭いのですが、どうしたらいいですか?

A:配水している水道水にシンナーなどが混入することは考えられず、宅地内の給水管に何らかの事故発生が原因と考えられます。

 【過去の事例より】

・放置されたシンナーが容器から漏れ、樹脂系の水道管に浸透・水道水に移行し着臭していた。

 ※ このような状態になった場合は、「灯油タンク漏れ」と同様にシンナー臭が浸透した給水管の交換や汚染された土壌の置き換えなどの対策をしなければ改善されませんので、ご注意ください。

シンナー臭い場合は、水道施設課へご相談ください。

※ 石狩市建設水道部水道施設課 Tel:0133-72-3135


蛇口から青い水が出る、もしくは浴槽の水が青く見えるのですが?

A:青い水が出る場合は次の事が考えられます。

(1)自然現象で海や湖の水が青く見えるのは、光が水中で散乱することによります。同じ現象が水を浴槽にためたとき起きることがあります。

 特に浴槽の色がピンク色やベージュ色をしていると青く見えやすくなります。また、透明な容器に水を汲み、白い紙に透かしたとき青く見えるときは、銅の溶出が考えられます。

(2)家の中の配管として銅管を使用している場合、管から銅が溶出し、その銅が浴槽や布に付着している石鹸や汚れと反応し「銅石鹸」となり、青く見えることがあります。

 そのため、浴槽や布などに石鹸や汚れが残らないように洗浄してください。

 また、コップなどの容器に水を入れて明らかに着色していなければ安全ですが、もし明らかに着色が認められる場合は、ボイラーなどに使われている不凍液の混入の可能性もありますのでボイラーなどの点検をお勧めします。


水まわり(浴室のタイル、流し台、便器の内側など)がピンクに着色されるのですが?

A:水まわりがピンクに着色する場合は次の事が考えられます。

 空気中のカビが水まわりで繁殖し、ピンクの色素を産出したものです。着色した部分を洗剤などで良く洗い落として下さい。予防策としては、水まわりの清掃を頻繁に行い、また湿気を少なくすることも大切です。


お茶やコーヒーが臭くて飲めないけど水道水が原因では?

A:お茶やコーヒーが臭くて飲めないという事例は時々ありますが、やかんやポットなどの容器からの着臭であることが多いです。

まず、水道水について次の事を確認してください。
 (1)蛇口から出た水が臭うかどうか。
 (2)ガラスの容器(耐熱)で沸かした後も、臭うかどうか。

水が臭わない場合、水道水が原因ではなく、やかんやポットからの着臭が考えられますので、やかんやポットをこまめに洗浄、乾燥してください。


飲用用井戸水の水質検査をしてもらいたいのですが

A:井戸水をお使いの方で、飲料水検査を希望される方は次の民間登録検査機関へご相談ください。なお、検査は有料となります。

<水道水の水質検査>
・石狩市では、お客さまにお届けしている水道水の安全確認検査を厚生労働省で指定しています水質検査機関へ委託し行っております。また、検査結果につきましては、石狩市HPにて公開しています。

厚生労働省指定 水質検査機関(詳しくはここをクリック


水道水の保存期間はどれくらいですか?

A:水道水には、法律で定められた濃度(0.1mg/L以上)の塩素が消毒のため加えられています。この消毒効果が持続する期間は、安心して飲んでいただけます。

水道水を清潔な容器に満たし、ふたをして冷蔵庫に保存した場合には、3日程度は保存が可能ですが、日なたで保存した場合や一度煮沸した水道水は消毒効果がなくなります。

その場合には、飲用以外の用途でご使用ください。

なお、保存期間は、あくまでも目安ですので、なるべく早く飲用してください。


塩素剤による消毒方法は安全なのでしょうか?

A:塩素剤としては、一般に塩素や次亜塩素酸ナトリウムが使用されています。

まず、感染症予防の観点からいえば塩素剤による消毒が確実に行われていれば、安全であるといえます。

石狩市では、残留塩素濃度を水道法で定められている0.1mg/L以上、水質管理目標設定項目(厚生労働省が定めたもの)の目標値である1mg/L以下を、蛇口など(貯水槽前も含む)において常に確保できるよう管理しています。

ご心配の塩素剤による消毒ですが、このような管理を石狩市は24時間体制で行なっておりますので、健康には全く影響がありません。安心して水道水をお飲みください。


浄水器は設置したほうがいいですか?

A:水道水は、水道法で規定している基準に適合した水をお届けしていますので、本管から直接給水されている場合は必要ありません。

 しかし、塩素臭などが気になる方、受水槽経由で利用されている水で、受水槽の管理に不安がある方などそのまま飲むことに抵抗を感じ、水道水を飲みやすくするために浄水器を設置されている例が多いようです。

 浄水器には目的に応じていろいろな種類があります。取扱いを誤ると不衛生になることもありますので、取扱いなどを充分に理解した上で使用してください。

 高額な浄水器を売り込もうと、水道水の安全性を疑わせるような言葉で、お客様を不安にさせる業者もいます。売り込みにきた場合、購入を即決せずに保健所や消費生活センターなどに相談してから判断するようにしてください。

【注意:浄水器を設置される方へ】

・浄水器の管理責任は設置者にあります。

・浄水器を通した水は、水道法で定めている残留塩素濃度に適合していない場合が多いため、水質面も含め設置者の責任においてご使用ください。