ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 分類でさがす > くらしの情報 > 電気・ガス・水道 > 上下水道 > (平成24年夏期)計画停電による断水の影響について(期間は終了しておりますが、参考に掲載しております。)

(平成24年夏期)計画停電による断水の影響について(期間は終了しておりますが、参考に掲載しております。)

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年7月31日更新


計画停電が実施された場合の水道水への影響について

 北海道電力株式会社から発表されました平成24年7月23日から平成24年9月14日までの計画停電の可能性は極めて低いとのことですが、万が一計画停電が実施された場合でも、非常用発電機の活用などにより、石狩市(水道施設課)は日常通り水道水を皆さまへお届けいたします。

 しかし、マンションや工場等など一部の建物や、厚田区のうち高台の一部の地域などでは、例外的に断水になる可能性がありますので、ご自身の建物がどのような給水方式なのか事前にご確認いただき、必要に応じて水のくみ置きなどをお願いします。 

 

断水になる可能性のある建物(マンションや工場等など大型施設)

建物の給水方式の確認をお願いします


 マンションや工場等などの大型施設では、受水槽方式や直結加圧方式など、電動の給水用ポンプ(建物の所有者が設置)を使用している場合があります。これらの施設では、停電とともにポンプが停止し断水になる可能性があります。
 ご自身の建物がどのような給水方式なのかをご確認ください。
 なお、ご自身の建物がどのような給水方式かご不明の場合は、建物を管理している方(管理組合、管理人さん、大家さん)などに確認してください。

建物の所有者、管理者へのお願い


それぞれの状況に応じて各利用者への情報提供、注意喚起を行ってくださいますよう、お願いいたします。
なお、設備によっては、停電が解除された際に復帰操作が必要となる場合もありますので、併せてご確認願います。

厚田区の高台の一部などで断水になる地域

 厚田区の高台の一部など、非常用発電機が設置されていないポンプ施設から給水されている一部の地域では、そのポンプ施設が計画停電になった場合、断水になります。
 これら断水の対象となる世帯には、あらかじめ石狩市(水道施設課)から注意を呼びかけるチラシを、近日中に配布します。

対処方法について

 1回当たりの停電時間は2時間程度と言われており、断水になる建物や地域では、その間、トイレを含め全ての水の供給が止まります。
 計画停電が実施される前に、生活状況に応じた水のくみ置きを済ませてください。
  • 飲用の水・・・・ペットボトル、飲料水用ポリタンク、やかん、鍋などにくみ置きしてください
  • その他の水・・・お風呂、洗濯機などにくみ置きしてください


ご注意!

  1. 蛇口を開けたままにしておくと、復旧した際に水が出っ放しになりますので、すべての蛇口を閉めてください。
  2. 断水後使用を再開する際に、まれに水が濁る場合があります。その場合は、濁りがなくなるまで、しばらく水を流してからご使用ください。


計画停電グループの確認

 計画停電グループの確認は、電気ご使用量のお知らせに記載されている場合や北電のホームページで検索することもできますので、詳しくは「北電 計画停電コールセンター」まで、お問い合わせください。

【詳細についてのお問い合わせ先】
※断水になる可能性のある建物及び厚田区の高台の一部などで断水になる地域について、石狩市建設水道部水道施設課(0133-72-3135)までお問い合わせください。

関連リンク


・計画停電に関する情報は、北海道電力株式会社のホームページでご確認ください。
・計画停電コールセンター 電話番号:0120-55-7880