ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 分類でさがす > くらしの情報 > 電気・ガス・水道 > 上下水道 > 水道管の凍結にご注意ください

水道管の凍結にご注意ください

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年7月31日更新


水道管の凍結にご注意ください

水道管の凍結にご注意ください
 寒さが厳しくなる12月から2月にかけて、水道管の凍結事故が起きやすくなります。
 気温がマイナス4℃以下になる日や、水道を長期間使用しないときは必ず水抜きを
してください。
 凍結すると、水が出なくなるのはもちろんのこと、解氷工事や水道管が破裂した場合、
修理費は自己負担となり、思わぬ出費となります。
 また、ボイラーや湯沸し器などが凍結した場合は、器具の故障の原因になりますし、
アパートなどで水道管が破裂してしまった場合は、流れ出た水により下の階の入居者
にまで迷惑をかける恐れがあります。


◆もしも凍ってしまった場合は
 ⇒凍結した水道管に、タオルか雑巾を巻きつけて、ゆっくりとぬるま湯をかけます。
  (このとき熱湯をかけると、水道管が破裂したりヒビ割れしたりすることがあります
   ので、ご注意ください。)

 ⇒ストーブを利用し、部屋全体を暖かくする。

 それでも溶けない場合は、「指定給水装置工事事業者」に解氷を依頼してください。
 指定業者のリストは「指定給水装置工事事業者」のページからご覧いただけます。