ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

特殊詐欺情報

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年9月25日更新

 還付金詐欺は振り込め詐欺のひとつで、行政機関を装い、医療費や税金の還付があると申し向け、被害者をATMに誘導して現金をだまし取る詐欺です。

  • 医療費や税金等の還付の手続を電話で通知することはありません。
  • 市職員や銀行員等が、電話で指示してATMを操作させることはありません。 
  • 「携帯電話を持ってATMに行ってください」と言われたら詐欺です!

 不審な電話がかかってきたら、すぐに110番通報してください。

不審な電話にご注意ください!

 平成29年9月中旬に市内浜益区内において、石狩市の保険会社職員を名乗り、大雨の被害等を確認したうえで「保険を使って家を直さないか」と勧誘する電話がありました。内容を聞き返したところ、名前を名乗らず同じ説明をしたため、不審に思い電話を切りました。

害には遭いませんでしたが、災害につけこんだ悪質な勧誘や詐欺の電話などが来る可能性があります。

怪しいと思ったら電話を切り、ご家族や市役所にご相談ください。

還付金詐欺の予兆電話に注意!!

 石狩市内において、平成29年8月24日、市役所の職員を名乗る者から、「国民健康保険の還付金があり、2月頃にお知らせしたが、まだ返事がありません。振込先の口座番号を教えてください。」という還付金詐欺の予兆電話が数件かかってきています。

 その後ATMに行くように指示され、銀行口座のお金を犯人の口座に振り込ませるのが手口です。

 市役所職員が電話でATMに行くように指示することは絶対にありません。

 このような電話があったらすぐに110番通報して下さい。

 

北海道警察からの情報

 

特殊詐欺の発生(平成28年11月25日)

 【被害の概要】

  • 石狩市内の80歳代男性宅に警察官を名乗る男から「詐欺グループを捜査中であり、あなたの暗証番号が詐欺グループに知られているので変えたほうが良い。捜査に必要なので持っているキャッシュカードを渡して欲しい。定期預金があれば下ろせないので現金化してください。日銀の係員が取りに行きます。」等と電話があった。
  • これを信用した被害者が、同日、自宅に現れた男に現金270万円とキャッシュカードを渡した。

 【注意点】

  • 警察官を名乗る同様の不審電話が多発しています。
  • 不審な電話にだまされることなく、すぐに家族や最寄りの警察に相談、通報するようにしてください。

還付金等詐欺の発生(平成28年10月20日)

 【被害の概要】

  • 市役所、区役所職員を名乗る男から「医療費の払い戻しがある。」との連絡があり、スーパーマーケット等のATMに行くように指示された。
  • 電話の指示に従いATM操作を行い、約数万円から約150万円を振り込む被害に遭った。

 【注意点】

  • 被害に遭っていませんが、市役所職員等を名乗る同様の不審電話については、全道的に発生しています。
  • 振込場所はスーパーマーケットや病院施設のATMとなっています。
  • ATMコーナーで携帯電話を利用している方(特に高齢者)を見かけた場合には声掛けをお願いします。

架空請求詐欺の発生(平成28年10月14日)

 【被害の概要】

  • 被害者(女性、80歳代)の自宅に、「2千万円の債権が宙に浮いている。手数料300万円を送れば、後に計2,300万円を口座に振り込む」などと電話があり、指定された住所に300万円を宅配便で送付した。
  • さらに電話で、「手数料が足りない」と言われ、200万円を宅配便で送付して合計約500万円の被害にあった。

 【注意点】

  • 宅配便やゆうパック等で現金を送ることはできません。
  • 「宅配便等で現金を送って」と言われたら詐欺です。

オレオレ詐欺(警察官かたり)の発生(平成28年10月3日)

 【被害の概要】

  • 9月30日、旭川市内の女性(70歳代)自宅に、警察官を名乗る男から、「逮捕した詐欺グループの口座リストに名前を載っていた。勝手に下ろされる恐れがあるので、口座から全額下ろして。」と電話があった。
  • 女性が金融機関で現金を引き出した後、「偽札があるかもしれないから預からせて。」と再び電話があり、自宅を訪れた警察官を名乗る男に現金300万円を手渡した。

 【注意点】

  • 同様の予兆電話を、9月26日に千歳市内、10月3日に札幌市東区内で複数認知しており、今後も発生が予想されます。
  • 警察官や金融機関等を名乗る電話であっても、ひとりで判断せず警察に相談してください。

 

札幌市、小樽市、千歳市で還付金等詐欺の被害が複数発生(平成28年9月23日)

 【被害の概要】

  • 9月に入り、市役所、区役所職員を名乗る男から「保険料(または医療費)の払い戻しがある。」との連絡があり、スーパーマーケット等のATMに行くように指示され、電話の指示に従ってATM操作を行い、約50万円前後を振り込み被害に遭った。

 【注意点】

  • 被害に遭っていませんが、市役所職員等を名乗る同様の不審電話については、全道的に発生しています。
  • ATMコーナーで携帯電話を利用している方(特に高齢者)を見かけた場合には声掛けをお願いします。

 

還付金詐欺の発生! 

 9月12日、市内の高齢者宅に石狩市役所国民健康保険課を名乗る男から「過去5年間に医療費の過払い金がある、封書を送ったが先月が期限だったので電話した」旨の電話がありました。

 その後指示された金融機関で、犯人から携帯電話越しに指示を受けATMを操作し、約99万円を振り込みましたが、不審に思い市役所に確認して今回の件が詐欺と発覚し、お金を引き出される前に口座を凍結させ、被害は回避できました。

  • 犯人は「期限が切れている」等の文言で不安を煽り、騙そうとします。
  • 市の職員や銀行員等が、電話で指示してATMを操作させることはありません。
  • 自宅にこのような電話がきたらすぐに110番通報してください!

 

予兆電話に注意!

  • 【9月13日発生】「健康保険の還付金があるので、使用している銀行を教えてほしい、後で銀行から電話が来る」等と市役所の職員を名乗る者からの電話が連続してかかって来ています。もしそのような電話が来ても、銀行口座やカード番号等の自分の情報は絶対に教えないでください。 
  • 【9月20日発生】「高額医療費の還付がある、8月に緑色の封筒を郵送している」等と市役所職員を名乗る者からの電話が数件の高齢者宅にかかって来ています。「携帯電話を持っていない」と答えると電話を切られることが多く、被害を回避できることがあります。 

 不審な電話が来たらすぐに110番通報してください!

 

どのようにしてだまされるのか

 【自宅に電話が来る】 

  • 市役所等の職員を名乗り、医療費の還付金等があると言います。
  • 携帯を持ってスーパー・コンビニのATMに行き、電話するよう言います。
  • ATMに着いたら、銀行の職員が待っている等と言います。

 【ATMで】

  • ATMで、携帯電話から指示された電話番号に電話します。
  • 銀行の職員等が行けなくなった等と言い、電話で還付金の手続きを
    教えると言います。

 【現金の受け渡し】

  • 電話で犯人が指示したとおりに、ATMを操作させます。

   →知らない間に、振込手続きの操作をさせられ、犯人の口座にお金を振り込んでいます。