ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 分類でさがす > くらしの情報 > ライフステージ > おくやみ > 国民年金のこと(亡くなられたとき)
ホーム > 分類でさがす > くらしの情報 > 保険・年金 > 国民年金 > 国民年金のこと(亡くなられたとき)

国民年金のこと(亡くなられたとき)

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年3月19日更新

亡くなられたとき

国民年金に加入している方

亡くなった方が過去に加入されていた年金種別や保険料の納付状況、生計同一の親族の状況により、遺族基礎年金や寡婦年金、死亡一時金が支給される場合があります。
 
【手続き窓口】1階[8]窓口
【担当課】市民課 国民年金担当
【連絡先電話番号】0133-72-3122

国民年金を受給している方(障害基礎・遺族基礎年金のみを受給している方)

年金は亡くなった時点で生計同一の親族がいる場合、亡くなった月分までが未支給年金として親族に支給されます。
生計同一の親族がいない場合は、死亡の届出が必要になります。
 
生計同一の親族とは:(1)配偶者 (2)子 (3)父母 (4)孫 (5)祖父母 (6)兄弟姉妹 (7)三親等以内の親族
 
※老齢基礎年金・厚生年金(老齢・障害・遺族)を受給している方が亡くなられた場合は、札幌北年金事務所または麻生年金相談センターへの届出をしてください。
札幌北年金事務所 Tel (011)717-4133
 
※共済年金を受けている方は、各共済組合への届出が必要になる場合があります。
 
【手続き窓口】1階[8]窓口
【担当課】市民課 国民年金担当
【連絡先電話番号】0133-72-3122