ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織・課名でさがす > 総務課 > 不服審査制度について

不服審査制度について

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年2月15日更新

不服審査制度

   不服審査制度の概要

 石狩市長などの処分等に不服がある場合には、審査請求をすることができます(法律に特別の定めがある場合を除きます。)。

   審査請求期間

 処分についての審査請求は、原則として、処分があったことを知った日の翌日から起算して3か月以内にする必要があります。

   審査請求書

 審査請求は、審査請求書を提出して行います。審査請求書は、処分等を統括する部署に提出します。

   審理等の流れ

審理等の流れ
   

   審理員

 審査請求があると、審査庁(石狩市長等)は、審理員候補者名簿に記載された者のうちから、審理員を指名します。審理員は、審査請求についての審理を行い、審理員意見書を作成します。

 教育委員会などの行政委員会に対する審査請求の場合や、次の条例に基づく処分についての審査請求の場合は、審理員を指名しません。

 ・石狩市情報公開条例
 ・石狩市個人情報保護条例

   行政不服審査会

 審理員から審理員意見書が提出されると、審査庁は、裁決の客観性・公正性を高めるため、石狩市行政不服審査会(以下「審査会」といいます。)に諮問します。審査会は、諮問された内容について調査審議し、答申を行います。

 審理員による審理が行われない場合や、審査請求人が審査会への諮問を希望しない場合などは、審査会への諮問を行いません。

   裁決

 審査庁は、審査会の答申を受けて、審査請求に対する裁決(審査庁としての最終的な判断)を行います。