ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 分類でさがす > くらしの情報 > 福祉 > 障がい者 > 障がい者法定雇用率について
ホーム > 分類でさがす > しごとの情報 > 産業振興 > 雇用・労働支援 > 障がい者法定雇用率について

障がい者法定雇用率について

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年7月31日更新

障がい者法定雇用率について

障がい者法定雇用率の引き上げについて

 すべての事業主は、法定雇用率以上の割合で障がい者を雇用する義務があります。
この法定雇用率が、平成25年4月1日より引き上げられます。

●民間企業       1.8%⇒2.0%
●国、地方公共団体 2.1%⇒2.3%
●教育委員会      2.0%⇒2.2%


 これに伴い、最低でも一人以上の障がい者を雇用しなくてはならない事業主の範囲が、従業員56人以上の事業主から従業員50人以上の事業主と変わります。
 詳しくは以下のリンクからご確認ください。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)