ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織・課名でさがす > 商工労働観光課 > 65歳以降の定年の引上げや継続雇用制度の導入を検討している事業主の皆さまへ

65歳以降の定年の引上げや継続雇用制度の導入を検討している事業主の皆さまへ

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年12月8日更新

65歳超雇用推進助成金について

 「ニッポン一億総活躍プラン」(平成28年6月2日閣議決定)において、65歳以降の継続雇用延長や65歳までの定年延長を行う企業等に対する支援の実施が盛り込まれたことを受け、65歳超雇用推進助成金を創設し、65歳以上への定年引上げ等を行う企業に対して重点的に支援を行うことで、65歳以降も希望者全員が安心して働ける雇用基盤を整備するとともに「生涯現役社会」の構築を図ります。
 概要については、次のとおりです。

 平成28年10月19日以降に労働協約または就業規則に以下の制度を規定し、制度を実施した場合に助成(1事業主につき1回限り)

 
 導入する制度助成額
165歳への定年引上げ100万円
266歳以上への定年引上げまたは定年の定めの廃止120万円
3希望者全員を66~69歳まで継続雇用する制度の導入60万円
4希望者全員を70歳以上まで継続雇用する制度の導入80万円

※1~4の複数の制度を合わせて導入した場合は最も高い額のみ支給

 詳細は、下記お問い合わせ先にご連絡いただくか、リーフレットをご覧ください。

お問い合わせ(ご相談・申請等)

独立行政法人 高齢・障害・求職者支援機構 北海道支部
(札幌市西区二十四軒4条1-4-1 北海道職業能力開発促進センター内)
TEL : 011-622-3351

 

「65歳超雇用推進助成金」のご案内(リーフレット) [PDFファイル/612KB]

高齢者の雇用促進に向けて(リーフレット) [PDFファイル/1.49MB]

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)