ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織・課名でさがす > 商工労働観光課 > 8月5日(土曜日)【石狩満腹ツアー】

8月5日(土曜日)【石狩満腹ツアー】

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年8月7日更新

【石狩満腹ツアー】

◆8月5日(土曜日)天候:雨のち晴れ

◆担当:平川 奈奈

◆今日の活動

こんにちは。

今日はインターン生活で初めての休日だったので、石狩を上から下までめいいっぱい遊んできました!!
楽しかった思い出を伝えきれるか少し心配ですが、今日の活動記は平川が担当します。

朝早くに出発して浜益に向かう途中、山の道からいきなり景色が開き、小さな集落とその周りには連なる山脈に弧を描いて広がる日本海が見えるという絶景スポットがあり、とても綺麗でした。
国道231号沿いの下り坂にある「望来の坂」という場所らしく、車に乗っていたので写真が撮れず残念でしたが、その景色は絵本の1ページのように素敵でまだ瞼に残っています。

しばらく走って浜益に到着し、「RED&BLUE」というアウトドアクラブでシーカヤック体験をしました。
実は朝に雨が降っていて中止になるかと思いましたが、無事行えたので嬉しかったです。
私たちはシーカッヤクに乗ったのですが、ハワイから来て海が大好きなシオンくんはSUP(ボードの上に立ち、パドルを漕ぎながら波に乗ったり海の上を散歩するもの)
を乗りこなしていて流石でした。
海は深い青色で目の前には長い水平線と広い青空が広がっていて、これからでっかい冒険に出かけるような感覚でこんなワクワクは初めて経験しました。
ライフガードのTOMOさんの案内で、雄冬岬周辺を周遊したり、小さな洞窟に入って青色に輝く洞窟の水を見たり、少し開けた岩場に上陸してそこから飛び込みをしたりと、この場所でしか体験できない景色と遊びをできたことはとても貴重で、この夏一番の思い出になること間違いなしです。

8月5日(写真1)  8月5日(写真2)

海で2~3時間過ごしてクタクタになっていましたが、近くにある「白銀の滝」で流れ落ちてくる白く綺麗な水の線を見ていたらなんだか落ち着いてきたので、この近くの道路をドライブする方はここで休息するのをオススメします。

8月5日(写真3)

 

お昼は同じく浜益にある「民宿日本海」でイクラとカレイの醤油漬けの二色海鮮丼を食べました。
私は北海道に来て初めての海鮮丼でしたが、とても美味しくて刺身の弾力とイクラの味の濃さが東京で食べるものとは全然違って感動でした。
The海の男!といった感じの逞しい店員さんや目の前には海が広がる素敵なお店だったので、また食べに来たいです。

8月5日(写真4)

 

食後のデザートに、浜益区幌にある観光農園の「きむら果樹園」でさくらんぼ狩りをしました。
明治10年から4代続く歴史ある農園で、園主の木村さんの案内とともにもぎ立ての果物を食べたり、珍しい作物について教えて頂きました。
さくらんぼのシーズンも終盤に差し掛かってきていたため、どの種類も実が大きく熟していてとても美味しく、木からもぎとってその下ですぐ食べるという贅沢をしてしました。
この果樹園では梅やりんご、桃など沢山の種類を育てていますが、グミの実や千両梨といった他ではあまり見かけない種類も多くあり、これらをすべて家族経営で管理されていると聞き驚きました。
敷地内には、赤い宝石のような綺麗な実のカランツや、種の袋に触ると種がはじけるキツリフネが自生していたり、とても素敵で憧れる生活です。
特に驚いたのが、クヌギの木を蹴るとクワガタが3匹も落ちてきたことです。
足の付け根が黄色いのでミヤマクワガタだと思いますが、他にも鹿や熊も出るそうで、自然と共生している姿にただただ感動でした。
この農園のリンゴを使ったジュースを飲んだのですが、果汁が濃くリンゴを丸ごと1個食べた感覚で、とても美味しかったです。

8月5日(写真5)  8月5日(写真6)

8月5日(写真7)

 

最後に、親船地区にある「佐藤水産の鮭魚醤蔵」を工場見学させてもらいました。
佐藤水産では魚をまるごと使うことにこだわりを持っていて、皮はチップスに、内臓は魚醤に加工するなど工夫されているそうです。
仕込みでは内臓や白子を発酵熟成させていて、最初はどろどろしていたものが数ヶ月後にはサラサラとした状態にまで発酵する様子を見せて頂きました。
圧縮した時にでる搾り粕は、たくさんアミノ酸が入っているので、石狩産のイコロランに飼料として提供しているそうで、1匹の鮭からこんなに多くの商品が作れることが知れて勉強になりました。
この鮭魚醤はたまごかけご飯やオムライスに隠し味として使うと美味しいと聞いたので、ぜひ東京に帰ったらやってみます!

8月5日(写真8)  8月5日(写真9)

 

石狩の魅力がこんなにもわかってお腹いっぱいの1日でした。

まだまだ行ってないところ、体験してないこと、あと1か月間で楽しみたいと思います。

 

ここまで読んでいただきありがとうございました!