ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織・課名でさがす > 商工労働観光課 > 8月26日(土曜日)【熱い地元愛】

8月26日(土曜日)【熱い地元愛】

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年8月28日更新

【熱い地元愛】

◆8月26日(土曜日)天候:晴れ時々雨

◆担当:林 日菜

◆今日の活動

こんにちは、大正大学2年次の林日菜です。
8月26日の活動記録を担当させていただきます。
今日は、石狩まるごとフェスタに出店されていた厚田こだわり隊さんのお手伝いをしてきました。

8月26日(写真1)

8月26日(写真2)  8月26日(写真3)

厚田こだわり隊さんは、11日のライジングサンで出店された際にもお手伝いに伺い、19日に開催した、いしかりンピックの飲食店ラリーでは学生店舗に食材を協賛していただきました。

今回も、望来豚を使ったぶたまん、フランクフルトや、厚田産の赤肉メロンにソフトクリームを乗せたカットメロンソフト、みちみち種やさんの珈琲などを販売しました。

スタッフの方々の活気ある掛け声、和気藹々とした雰囲気によって、たくさんのお客様に美味しいメニューを召し上がっていただくことができました。

11日のライジングサンで伺った事になりますが、厚田こだわり隊さんではお仕事や家事で忙しい合間を縫って、厚田の魅力を発信しようと活動に参加されるスタッフさんが多いそうです。

また、お手伝いをする中でぶたまんやフランクフルト、しそサイダーを頂きましたが、多くのスタッフさんが胸を張って「美味しいでしょ!」と声を掛けてくださった事に気づきました。
私の地元では、馴染みの土地や名産品にこんなにも熱意を持って接している方々は見たことがなかったので、大きな衝撃を受けました。
自分たちの慣れ親しんだ地元に愛着は持っているつもりでも、いざ活動に移すとなるとなかなか実行できないことが多いように感じます。
厚田こだわり隊さんのエネルギーと行動力に、改めて刺激を受けました。

お手伝い終了後は、イベントの目玉でもある10,000発の打ち上げ花火を見てきました。

8月26日(写真4)  8月26日(写真5)

石狩の広大な空に大迫力の花火が打ちあがっていく様子は非常に見応えがあり、会場では何度も何度も大きな歓声が上がっていました。
澄んだ空気と、空を遮るものが無いためなのか、東京で見る花火よりもクリアで立体的に感じられます。
何度も観に来たいなと思わせられる華やかさでした。

今日は、1日を通して石狩のさまざまな魅力を肌で感じることができました。
それでは。