ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 分類でさがす > 観光情報 > 季節別イベント情報 > 石狩観光トピックス > 平成30年 石狩観光トピックス
オリジナルフレーム切手「石狩探訪第2弾」写真選定報告会【平成30年1月19日更新】

平成30年 石狩観光トピックス
オリジナルフレーム切手「石狩探訪第2弾」写真選定報告会【平成30年1月19日更新】

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年1月19日更新

オリジナルフレーム切手「石狩探訪第2弾」写真選定報告会【平成30年1月19日更新】

〔報告会の様子〕
報告会の様子

〔平成27年に発行した石狩探訪問第1弾〕
石狩探訪問第1弾

 平成27年12月に第1弾として、石狩市の自然や歴史的な建造物などを絵柄にした、オリジナルフレーム切手「石狩探訪」が1,000枚発行され、市内や道内の郵便局等で販売されました。

 石狩探訪第1弾の完成(石狩市ホームページ)

 第1弾が好評につき、現在、第2弾の作成に向けて作業が進められています。

 今回の絵柄は、平成30年4月27日の道の駅石狩「あいろーど厚田」のオープンにあわせて、石狩市北部地区(厚田区・浜益区)の写真を中心に選定しています。1月18日(木曜日)には選定した写真の報告会が市役所にて開催されました。

 当日は、前回も写真の撮影にご協力をいただいた石狩写真クラブ(会長 進藤 進)の皆さんと市内の郵便局長たちに出席していただき、田岡市長と歓談しました。

 田岡市長からは「道の駅のオープン記念として、また、『切手や写真』を通じて石狩の観光PRにつながれば」との言葉がありました。

 道の駅に行ったら、切手を買ってきって(切手)!

雪まつりに温かいプレゼント【平成30年1月18日更新】

〔温かい石狩鍋を振舞う
「あき味の会」メンバー〕
石狩鍋を振舞うあき味の会メンバー

 

 石狩鍋の普及に取り組む「あき味の会」が、札幌市大通公園で準備が進む雪まつり会場を訪れ、雪像作りに励むボランティアの方々や自衛隊の隊員に、本場の石狩鍋を差し入れました。

 慰問は今年で10回目。

 中田会長が「温かい石狩鍋を食べて、たくさんの観光客のためにがんばってください」と激励の言葉をかけ、石狩の鮭20kgを使って用意した鍋は、15分ほどでみなさんの胃袋に収まりました。

 寒い中、「温まってありがたい」「山椒合いますね」「おかわりいただけますか」と、伝統の味に顔がほころぶ様子に、こちらもうれしくなりました。

 雪像作りがんばってください。作品楽しみにしています。

今年も鍋グランプリに挑戦!あき味の会が石狩鍋を仕込み中【平成30年1月12日更新】

〔石狩鍋の具材を仕込む「あき味の会」メンバーたち〕
石狩鍋の具材を仕込む「あき味の会」メンバーたち

 

 みなさま、新年あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。
 今年も様々な方と一緒に石狩の観光を盛り上げていきたいと思っています。
 さて、新年一発目のトピックスは、石狩鍋ネタです。

 石狩鍋の普及・PR活動を行っている「あき味の会」は昨年に引き続き、ニッポン全国鍋グランプリ(1月27日(土曜日)28日(日曜日)、埼玉県和光市にて開催)に参戦します。昨年は全国59の鍋の中から初参戦にして、15位。さらに初参加15チーム中では4位という大健闘の結果でした。

 1月10日(水曜日)は、参戦に向けた具材の仕込みで、あき味の会のメンバーたち5人が約50本ものサケを捌きました。3枚おろしにして、骨抜き→一口サイズにぶつ切り→洗浄→パックに入れて冷凍。実は来場者が食べやすいように心を込めて骨を抜いているのがグランプリ用の石狩鍋です。
 今年は、伝統の石狩鍋にあき味の会風の「アレンジ」を加え、全国鍋料理No.1へ再チャレンジ。ライバルがこのページを見ているかもしれないので、アレンジの内容はギリギリまで秘密ですよ。

 関東地方にお住まいの方は是非、来場いただき石狩鍋に一票をお願いします。また、関東地方に知り合いがいる方は、是非、石狩鍋の参戦をお知らせください。

・石狩市ホームページの石狩鍋ページ
http://www.city.ishikari.hokkaido.jp/site/sightseeing-guide/1669.html

・ニッポン全国鍋グランプリ
http://wako-sci.or.jp/naba