ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

公債費負担適正化計画

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年7月31日更新


公債費負担適正化計画

一般会計と土地会計における実質公債費比率が一定の基準を超えたことから、実質公債費負担の適正な管理を計画的に取り組むため、公債費負担適正化計画を策定しました。

公債費負担適正化計画(PDF形式:47KB)
【資料】各年度の財政状況等(PDF形式:32KB)
【資料】公債費負担の将来推計(PDF形式:38KB)
【資料】新たな市債借入を加えた公債費負担の将来推計(PDF形式:40KB)

実質公債費比率とは


標準的な一般財源に対する公債費相当額(公営企業繰出金、一部事務組合負担金及び債務負担行為による支出額中の公債費に準じる経費を含む。)の割合のことをいいます。

  • 公債費:借金の返済に充てる経費

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)