ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織・課名でさがす > 新型コロナウイルス感染症対策課 > 5歳から11歳までの子どもへの接種(小児接種)について

5歳から11歳までの子どもへの接種(小児接種)について

印刷用ページを表示する 掲載日:2022年5月10日更新

 国から示された指針に基づき、新型コロナワクチンの5歳から11歳までの子どもへの接種(小児接種)を実施いたします。

 なお、接種を受けることは義務や強制ではありません。

 予約ページはこちら

 

接種対象者

 5歳から11歳までの方

 なお、接種券は対象となる全ての方に発送しております。

 ※1回目の接種時に11歳だったお子様が、2回目の接種時までに12歳の誕生日を迎えた場合、2回目接種にも小児ワクチンを使用します。

 

接種費用

 接種費用は無料です。

 

接種場所

 下記の医療機関・施設にてワクチン接種を実施いたします。接種券が届きましたら、本市コールセンター(0570-20-0694)またはこちらの予約ページからご予約ください。

 

小児接種の接種場所一覧
  会場名 住 所 実施日
医療機関 わがつま小児科 花川南2条2丁目228 予約時にご確認ください

※1 かかりつけの医療機関があるお子さんは、できるだけかかりつけの医療機関で接種されることをお勧めします。また、かかりつけの医療機関が市外の医療機関であっても接種できる場合がございますので、あらかじめかかりつけ医にご相談ください。

 

基礎疾患を有するお子さんについて

基礎疾患をお持ちのお子さんには、先行して接種券を送付します。

基礎疾患を有するお子さんの接種について(市ホームページへリンク)

 

小児(5歳から11歳まで)接種に使用されるワクチンについて

 ファイザー社の小児用ワクチンを使用します。

 ・接種回数と接種間隔について

  通常、3週間の間隔をあけて、合計2回接種します。1回目の接種から間隔が3週間を超えた場合、1回目から受け直す必要はありません。できるだけ速やかに2回目の接種を受けていただくことをお勧めします。

 ・他のワクチンとの接種間隔について

  前後に他の予防接種を行う場合、原則として新型コロナワクチン接種と13日以上の間隔を空けてください。

 ・接種量について

  1回当たり0.2ml(12歳以上の大人用ワクチンは1回あたり0.3ml)で、投与される有効成分量が12歳以上の大人用のワクチンの3分の1となります。

 ・努力義務の適用について

  小児の接種は予防接種法上の「努力義務」の規定は適用されません。
  小児用のワクチンは、臨床試験等から有効性や安全性が確認されていること、海外でも広く接種が進められていること等を踏まえ、日本でも接種が進められることになっています。しかし、小児については、現時点において、オミクロン株に対するエビデンスが確定的でないことも踏まえ、小児について努力義務の規定は適用せず、今後の最新の科学的知見を踏まえ、改めて議論することが適当であるとされました。

 

P1_新型コロナワクチン接種についてのお知らせ(5~11歳のお子様と保護者の方へ) P2_新型コロナワクチン接種についてのお知らせ(5~11歳のお子様と保護者の方へ)

P3_新型コロナワクチン接種についてのお知らせ(5~11歳のお子様と保護者の方へ) P4_新型コロナワクチン接種についてのお知らせ(5~11歳のお子様と保護者の方へ)

新型コロナワクチン接種についてのお知らせ(5~11歳のお子様と保護者の方へ) [PDFファイル/4.61MB]

【ファイザー社】新型コロナワクチン予防接種についての説明書(小児(5~11歳)接種用) [PDFファイル/1.03MB]

新型コロナワクチンを接種されるお子さまと保護者の方へ(ファイザー社発行) [PDFファイル/1.17MB]

新型コロナワクチン接種を検討されているお子さまの保護者の方へ(ファイザー社発行) [PDFファイル/2.16MB]

厚生労働省 5~11歳の子どもへの接種(小児接種)についてのお知らせ

厚生労働省 新型コロナワクチンQ&A(小児(5~11歳)接種について)

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)