ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織・課名でさがす > 秘書広報課 > 市長の部屋/市長からのメッセージ(平成30年3月14日)

市長の部屋/市長からのメッセージ(平成30年3月14日)

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年3月14日更新

市長の部屋/市長からのメッセージ(平成30年3月14日)

市長の部屋(平成30年3月14日)

◯お久しぶりです。言い訳にしかなりませんが、再起動します。長い間更新が途絶えたことをおわびします。

◯新年度予算を審議する予算特別委員会が始まりました。私は統括質疑まで出席することはないのですが、委員会のことが頭から離れることはありません。部長職を含め、担当職員まで緊張の続く毎日となっています。

◯最近目の病を複数発症し、文字を長時間にわたって読むことは負担感さえ持つようになりました。2012年、藤女子大学花川キャンパスの三宅理一教授(当時)の著「デザインで読み解くフランス文化-クロニクル1950」をまた読み返してみました。高齢化が進み、バリアフリーを意識したブックデザインをしたと送り状に書かれています。1ページ12行の縦書き癒やし系の書物を読み返し、共鳴するところ多数。仕事のヒントをいっぱい探し出せました。先生ありがとうございます。

◯「道の駅」の工事を終え、市に引き渡されました。(株)あい風に運営を委託し、すでに1年前から諸準備に入っていましたが、4月27日のオープンを目指し徹夜の連続となっていると思います。

◯まもなく、ポスター・のぼりが目につくようになると思います。オープン前に厚田・浜益区民への披露とご苦労さん会も含めた地域主体の会が催されます。道の駅を育てるのは会社にもその責任はありますが、地域のヤル気とモチベーションの持続だと思います。市はもとよりのことです。

◯石狩市、森林組合、森林管理署の三者による「第2期石狩市森林整備推進協定」の調印を行いました。新たに浜益黄金山周辺を対象地区に加え国有林・民有林の整備を進めることになります。「資源は活用して意義がある」との署長のごあいさつ、賢い社会づくりの基本でもあります。

石狩市長 田岡 克介