ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織・課名でさがす > 秘書広報課 > 市長の部屋/市長からのメッセージ(平成30年3月20日)

市長の部屋/市長からのメッセージ(平成30年3月20日)

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年3月20日更新

市長の部屋/市長からのメッセージ(平成30年3月20日)

市長の部屋(平成30年3月20日)

◯俳句の季語にもなっている「春北斗」、北斗七星を指すとのこと。日常空を見上げる習慣は持ち合わせていませんが、折々の季に何気なくふと見上げることはあります。深夜釣行の折、宵の明星から明けの明星に「あれっ」と気付くことは無いこともない程度です。

◯春の訪れを三寒四温とする表現は、見事な文字の配列だと思います。桜前線の北上ニュースの一方で石狩地方に暴風雪の注意報、この距離感を妙にいとおしく思うのはなぜかわかりませんが、雪解けと特別地方交付税の気になる今時分です。

◯1年でもっとも長丁場となる第1回市議会定例会も今週末には閉会の予定で、昨日予算特別委員会を終えました。最終日には遅雪対策としての除排雪費用等の補正予算や、副市長同意案件などを追加提案する予定です。

◯昨日の国会、国民の関心の高い問題が出ているものの新年度予算の行方が気になります。公文書の取り扱いについての質疑がなされ、あらためて慣行的な処理では未来に申し訳がたたないとの思いを強めています。

◯新年度予算に、石狩市の公文書の扱いに係る予算を計上させていただいております。マニュアル化する中で、歴史的価値となる文書類(写真・音声など)をいかにして後世に引き継ぐか、あらためて心するものがあります。

石狩市長 田岡 克介