ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織・課名でさがす > 秘書広報課 > 市長の部屋/市長からのメッセージ(平成31年4月1日) 

市長の部屋/市長からのメッセージ(平成31年4月1日) 

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年4月1日更新

市長の部屋/市長からのメッセージ(平成31年4月1日)

市長の部屋(平成31年4月1日)

◯年度末の金曜日、3月31日付の退職辞令を14人の職員にわたしました。昭和50年代採用の職員たちです。石狩の様子が大きくかわる激動の時代でした。経験豊かな職員ばかりです。これからまた、新しい人生がスタートする事でしょう。叶うと信じた夢を追いかけてください。

知事選挙に続いて道議会議員選挙が始まりました。寒波襲来の寒い中でそれぞれの出陣となりました。統一地方選挙の熱風で残雪も急激に溶けることでしょう。平成は後ひと月ばかり、改元され新しい時代への期待を背負う大切な選挙です、まずは棄権しないことが肝心です。

3月28日は道の駅石狩「あいろーど厚田」の事業報告会があり、新商品試食会に参加しました。(株)あい風の吉田社長よりオープンから60万人の来客、道路渋滞などの報告、各テナントからの新商品の説明などがありました。厚田、浜益の住民も参加して課題を共有し、意見を交換しました。この日は石狩湾漁業協同組合の総会と日に2回会議へ行ってきました。厚田は熱いですよ。道の駅は4月1日より9時からの開店です。

漁業協同組合の平成30年度総漁獲高は19億円余、前年より9億円位の減とのこと。いかに昨年度、サケの値段が高かったかとも言えます。全体的に資源の細さを感じるなかで、ニシンの奮闘は有り難いことだと思います。

29日は日帰りの東京出張 で、全国手話言語市区長会総会に向けての打ち合わせでした。数日前の夜には雪降る厚田、東京では外堀沿いの満開の桜を眺めることができました。いよいよ新年度スタートです。平成も1カ月ばかり、私の任期まで3カ月を割りました。フル回転のスイッチオンです。

外は少し寒いけど、山際に霞立つ陽気の春景です。気分は和やかに前向きな姿勢をもつ日となりました。

4月1日市役所内部は人事異動や新規採用職員(20名)の初仕事など、加えて1階ロビーの期日前投票とあって、ザワめいています。これも春の音なのです。

海はニシンが終わり、カレイの時季となりました。漁港朝市は石狩湾港4月1日~7月中旬まで、厚田漁港4月1日~10月中旬まで、浜益漁港4月21日~5月26日(毎週日曜日)となっています。ドライブかたがたお立ち寄りください。

道の駅石狩「あいろーど厚田」は3月31日より全館オープンしています。新商品、食事など2年目の変化と、グラデーションの海面をながめると、動けなくなりますよ。

「令和」の元号。万葉集からの引用とのこと。今日の石狩の様ですね(11時50分)

石狩市長 田岡 克介