ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織・課名でさがす > 秘書広報課 > 市長の部屋/市長からのメッセージ(令和元年9月3日) 

市長の部屋/市長からのメッセージ(令和元年9月3日) 

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年9月3日更新

市長の部屋/市長からのメッセージ(令和元年9月3日)

市長の部屋(令和元年9月3日)

爽やかな秋晴れのもと、開催された「石狩市民スポーツまつり」は、競技者約3,400人、競技役員800人が参加し、本市を代表するスポーツの祭典として定着しました。子どもから高齢者まで誰もが気軽に参加できるこのイベントは、市民皆スポーツを推進するシンボルです。遠方は熊本県からも参加され、全国的な広がりも見られます。19回の積み重ねは、大きいものがあります。

◯テーマ大賞は、「スポーツで いい日 いい汗 いい笑顔」(花川南小学校5年生 鈴木嵩一朗(しゅういちろう)さん)で、多世代の参加者が笑顔で生き生きと活動する願いがこめられた素晴らしい作品です。

◯石狩サーモンマラソン大会には、5歳から85歳までの幅広い年代の方々が参加され、スタート地点で応援しました。ファミリーの部は親子3キロメートル走、最年少5歳児がお父さんと一緒に走る姿は、とてもほほ笑ましいものがありました。

◯前日には、市民ソフトボール大会が先行して開催され、オープニングゲームとして恒例の市議会対市役所の試合。開会式直前から突然の豪雨で試合開催が危ぶまれましたが、大会関係者、体育協会職員、市議会議員や市職員などによる水抜きを行った結果、20分遅れで開始することができました。球場の水はけの良さは、承知していましたが、目の当たりにし、あらためて実感しました。

◯その試合結果ですが、私が最終バッターで、引き分け。予定では、サヨナラ勝ちだったのですが…… 

 

石狩市長 加藤 龍幸