ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織・課名でさがす > 秘書広報課 > 市長の部屋/市長からのメッセージ(令和元年9月12日) 

市長の部屋/市長からのメッセージ(令和元年9月12日) 

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年9月12日更新

市長の部屋/市長からのメッセージ(令和元年9月12日)

市長の部屋(令和元年9月12日)

◯映画「ひろしま」を鑑賞しました。原爆が投下された広島市を舞台に、約8万人がエキストラとして参加し、原爆投下前後の様子が描かれている映画です。日常が、何の前触れもなく非日常に変わる。形容しがたい感情が、渦巻きました。

◯昭和28年(1953年)、復興中の広島市において地元ロケが行われたこと、そのことに驚きを禁じえません。

◯明治維新以降、太平洋戦争終結まで、わが国では、国内外で戦争が起きていましたが、その後74年間、戦争という痛ましいことが起きていないことは、そのむごさ、平和の尊さが脈々と受け継がれているからではないでしょうか。

◯道内では、本年は札幌市と石狩市だけでの上映だそうです。ぜひとも、多くの自治体で上映され、より多くの方々にご覧いただき、平和について考える機会になることを望みます。

◯本市における上映にご尽力された、映画ひろしまを石狩で上映する会(平和プロジェクト実行委員会)の皆さま、ありがとうございました。

 

石狩市長 加藤 龍幸