ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織・課名でさがす > 秘書広報課 > 市長の部屋/市長からのメッセージ(令和2年7月13日) 

市長の部屋/市長からのメッセージ(令和2年7月13日) 

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年7月13日更新

市長の部屋/市長からのメッセージ(令和2年7月13日)

市長の部屋(令和2年7月13日)

◯先週、むかわ町で開催された北海道合併市町連携会議に出席しました。
 本会議は、合併市町特有の課題に対する中央要望など、課題解決に向け、意見や情報交換を行うことを目的に8年前に設立されました。

◯平成の市町村合併は、道内で22市町あり、これにより212市町村から179市町村となりました。 
 本会議の大きな目標として、地方交付税の合併算定替えの見直しであり、大変難しい命題ではありましたが、
合併自治体の実情を理解していただき、支所加算という形で見直しが認められました。

◯当時、担当部長として、田岡前市長と総務省、議員会館を何度も訪問し、合併自治体の実情を訴えたことが、つい先日のように感じます。
 単独自治体の要望では、やはり限界があり、同じ問題を抱える自治体が連携することにより、要望を具現化する協議会形式ならではの成功例です。

◯その後も市町村合併により、面積が拡大するなど、市町村の姿が大きく変化したことによる合併時点では想定されていなかった財政需要を、
地方交付税算定に反映されることを要望し、新たな算定方法が認められました。
 大きな改正要望が2つも認められ、本会議の大きな成果です。

◯今回は13市町の長などが出席し、交付税算定方法の見直しによる増加需要額や、GIGAスクール、光ファイバ-などの財源措置について議論をしました。
 光ファイバ-は、政府において各自治体100%設置を促しており、多くの自治体が財源措置などで苦労しています。
 本市は10年前に整備済みですが、当時、光ファイバ-整備費に有利な財源措置が用意され、全地域設置の可否について、激論が交わされたことが懐かしく思い出されます。

◯このような会議が開催され、新型コロナウイルス対策など、広範囲にわたるさまざまな分野についてお話ができ、有意義な時間を過ごすことができました。

◯新型コロナウイルスの感染者が道内は0人の日もあり、落ち着いてきた感じもあります。一方で、東京都などの首都圏では200人を超えるなど、増えてきています。
手洗い、マスク着用、3密を避けるなど、引き続き、一人一人が感染防止に向けた取り組みの徹底をお願いします。

 

石狩市長 加藤 龍幸