ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 分類でさがす > くらしの情報 > ライフステージ > 子育て > 新型コロナウイルス感染拡大防止対策におけるご協力について
ホーム > 分類でさがす > くらしの情報 > 子ども > 保育所 > 新型コロナウイルス感染拡大防止対策におけるご協力について
ホーム > 分類でさがす > くらしの情報 > 子ども > 幼稚園 > 新型コロナウイルス感染拡大防止対策におけるご協力について

新型コロナウイルス感染拡大防止対策におけるご協力について

印刷用ページを表示する 掲載日:2021年10月1日更新

【期間終了】新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のための家庭保育のお願いについて(10月1日時点)

「緊急事態宣言」の解除に伴い、令和3年9月30日をもって、家庭保育の協力期間を終了いたします。

保護者の皆様におかれましては、ご理解とご協力を賜り、誠にありがとうございました。

 

保護者様宛て 令和3年10月1日付け [PDFファイル/10KB]

新型コロナウイルス感染拡大防止対策におけるご協力について

1.各家庭における感染予防への協力について

(1)園児に発熱や呼吸器症状の発症などの体調不良が見られた時には、認定こども園等をお休みいただくようお願いします。
 なお、発熱等が認められた場合にお休みいただく期間は、解熱後24時間以上経過し呼吸器症状が改善傾向となるまでとなります。

(2)同居する家族等が濃厚接触者となった場合には、すみやかに登園先の認定こども園等にご連絡いただくとともに、
 保健所による濃厚接触者の方の健康観察等の期間は、園児につきましてはできる限り認定こども園等をお休みいただくようお願いいたします。

(3)園児が濃厚接触者となった場合や、同居する家族等が感染した場合には、すみやかに登園先の認定こども園等にご連絡いただき、
 園児にはお休みいただくようお願いいたします。お休みいただく期間は、感染された方と最後に接触した日から起算して2週間程度を想定していますが、
 保健所等の指示や助言により期間を決めるようお願いします。

(4)園児が感染した場合には、すみやかに登園先の認定こども園等にご連絡ください。

 

2.利用者負担額(保育料)について

 以下の(1)から(4)に該当し、かつ石狩市の要請または同意がある場合は、日割りにより減額することができます。詳しくは各園にご相談願います。

(1)園児が感染した場合

(2)園児または同居の家族等が、保健所等の指示によりPCR検査を受ける場合

(3)同居の家族等が感染した場合

(4)同居の家族等が濃厚接触者となった場合

 

3.園での感染者が発生した場合

 園児や施設の職員が新型コロナウイルスに感染した場合は、保健所の調査及び指示に従い、必要な対策をとることが想定されます。
 その際は、休園とそれに伴う家庭保育等のご協力をお願いする場合がございますので、ご承知おきくださいますようお願いいたします。

 

4.その他 

 ・「新しい生活様式」(石狩市HP内リンク) 

 ・「新しい生活様式」(QRコード ※QRコードは株式会社デンソーウェーブの登録商標です。) 

新しい生活様式

 

保護者様宛て

保育所に児童が在籍する保護者様の勤務先事業者様宛て

小学校休業等対応助成金のご案内(厚生労働省)(10月1日掲載)

新型コロナウイルス感染症に係る小学校等の臨時休業等により仕事を休まざるをえない保護者の皆様を支援するための制度です。

詳しくは、厚生労働省ホームページ内の「新型コロナウイルス感染症による小学校休業等対応助成金について」をご覧ください。

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/koyou/kyufukin/pageL07_00002.html

 

<制度概要>

1 支給対象者

(1)子どもの世話を保護者として行うことが必要となった労働者に対し、有給(賃金全額支給)の休暇(労働基準法上の年次有給休暇を除く。)  を取得させた事業主 【助成金】

(2)子どもの世話を行うことが必要となった保護者であって、委託を受けて個人で仕事をする者 【支援金】

2 対象となる子ども

(1)新型コロナウイルス感染症への対応として、ガイドライン等に基づき、臨時休業等をした小学校等(認定こども園等を含みます)に通う子ども

(2)次のいずれかに該当し、小学校等を休むことが必要な子ども

 ・新型コロナウイルスに感染した子ども

 ・風邪症状など新型コロナウイルスに感染したおそれのある子ども

 ・医療的ケアが日常的に必要な子ども又は新型コロナウイルスに感染した場合に重症化するリスクの高い基礎疾患等を有する子ども

※ 「小学校休業等対応助成金に関する特別相談窓口」が、令和4年1月31日までの期間、全国の都道府県労働局に設置されます。
 労働者からの「(企業に)この助成金を利用してもらいたい」等のご相談内容に応じて、事業主への小学校休業等対応助成金の活用の働きかけを行います。

※令和3年8月1日から9月30日の期間については、両立支援等助成金又は小学校休業等対応助成金のうちいずれか一つのみの申請となります。

 

両立支援等助成金(育児休業等支援コース)「新型コロナウイルス感染症対応特例」のご案内(厚生労働省)

 新型コロナウイルスの感染拡大防止策として、小学校等が臨時休業した場合等に、その小学校等に通う子の保護者である労働者の休職に伴う所得の減少に対応するため、
正規雇用・非正規雇用を問わず、有給の休暇(年次有給休暇を除く。)を取得させた企業に対する助成制度で、令和3年4月1日から令和3年9月30日までに取得した休暇が対象です。
取得時期により申請期間が異なりますのでご注意ください。

 詳しくは。厚生労働省ホームページ内の両立支援等助成金(育児休業等支援コース)「新型コロナウイルス感染症対応特例」をご覧ください。 https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kodomo/shokuba_kosodate/ryouritsu01/index.html

 

※令和3年8月1日から9月30日の期間については、両立支援等助成金又は小学校休業等対応助成金のうちいずれか一つのみの申請となります。

 

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)