ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織・課名でさがす > 環境課 > 脱炭素先行地域(第1回)に選定されました

脱炭素先行地域(第1回)に選定されました

印刷用ページを表示する 掲載日:2022年4月28日更新
 2050年カーボンニュートラルの達成に向けて、地域脱炭素の先進的な取組を行う地域として国が選ぶ「脱炭素先行地域(第1回)」の公募において、本市が選定されました。

石狩市の「脱炭素先行地域」計画の概要

 札幌圏の産業拠点である「石狩湾新港地域」内において、地域の再生可能エネルギーを供給する「REゾーン」を設定し、再生可能エネルギーの「地産地活」を図ることで、地域脱炭素と産業集積の両立を目指します。
 さらに、石狩市役所及び周辺の公共施設群の脱炭素化に向けて、太陽光発電設備等の設置など、再エネの最大限の導入を図るとともに、石狩湾新港地域等の再生可能エネルギーからの供給を目指します。
 これらの取組を軸に、再生可能エネルギーを活用した水素製造や交通部門の脱炭素化によるCO₂削減と同時に、地域の活性化に向けた各種施策を展開し、地域の脱炭素と地域経済の発展を図ります。
 ※「脱炭素先行地域」とは
 「脱炭素先行地域」とは、地域脱炭素社会の実現のため、電力消費に伴うCO₂排出量実質ゼロの実現に向けた先進的な取組を行う地域として、国が選定するものです。
 国は「脱炭素ロードマップ」では、全国で少なくとも100か所以上の「脱炭素先行地域」を選定することとしています。
 この度1回目の公募において、本市を含む全国26自治体(北海道は3自治体)が「脱炭素先行地域」として選定されました。
環境省HP「脱炭素先行地域選定結果(第1回)について」は下記からご覧ください。