ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 分類でさがす > くらしの情報 > 生涯学習・スポーツ > イベント > 石狩市シニアプラザはまなす学園

石狩市シニアプラザはまなす学園

印刷用ページを表示する 掲載日:2021年11月25日更新

 
 学園だより
 令和3年度のはまなす学園が始動しました

 令和3年度はまなす学園入学式

 令和3年度はまなす学園生募集

 石狩市シニアプラザはまなす学園

学園だより

 

令和3年度のはまなす学園が始動しました

講座:「防災講習」

  11月15日(月曜日)は石狩市防災まちづくり協会の中川昌時氏ほか4人を講師にお迎えし、「防災講習」を実施しました。会場には炊き出し道具・テント ・簡易 トイレ・段ボールベッドなどの防災用品が展示され、前半は中川氏が映像とともに過去の災害についての振り返りと石狩市のハザードマップについてわかりやすく説明してくれました。後半は3グループに分かれて、防災用具の使用方法などの説明を受け、参加者は簡易トイレに座ってみたり、段ボールベッドを組み立てて寝てみると思ったより快適なことがわかり、大変勉強になりました。

 防災2 防災5

 防災3 1

 

講座:「太極拳でコロナに負けないカラダ作り」

  10月18日(月曜日)、昨年も好評だった森真理子氏の太極拳講座です。会場では学園生たちは真剣に取り組んでいて緊張感が漂っていました。先生からは腕でゆっくり大きなボールを押すように、足の向きと同じ方向にひざを曲げるように等とおっしゃっていただき、力を入れる方向や体のどの部位に効くのかについてわかりやすく説明していただきました。腰回りの運動では慢性的な腰痛に悩んでいる事務局職員も仕事を忘れそうになるくらい真剣に聞き入っていました。

 森11 森12

 森15 森13

講演:「マジックと物忘れ・体力の衰えから来る各種事故防止対策」

  10月4日(月曜日)、まん延防止措置や緊急事態宣言で会場が使えなかったためおよそ2か月ぶりの「はまなす学園」。 待ちわびていた講座がやっと再開され学園生のみなさんは元気いっぱいで会場に集まってきました。
  今回は旭川マジシャンクラブ会長の西垣良克氏を講師に迎え「マジックと物忘れ・体力の衰えからくる事故防止」の講座が行われました。
    緞帳が上がり次々と披露されるマジック。何もない箱から突然学園生のひとりが登場したときには歓声と大きな拍手が会場一杯に広がりました。
  マジックの他にも、自動車免許証の返納についての考え方や、高齢者が認知症や事故を予防するためにはメモを習慣化したり夫婦円満をはじめとしたプラス思考のコミュニケーションを積極的にとることが大切ということを巧みな話術でご指導いただきました。学園生たちもマジックに参加したり先生の話術で大笑いしたり、久々に楽しい時間を過ごしました。

 マジック1 マジック11  マジック2 

 マジック12  マジックT マジック20

 

歴史講座「名所ができる前 小樽・月形編」

 8月2日(月曜日)は、いしかり砂丘の風資料館の坂本恵衣学芸員を講師に北海道の歴史を学ぶ座が行われました。資料を基に見学学習で訪問する予定の小樽市と月形町の開拓の歴史について学びました。
 集治監が建てられてからできた街「月形町」・小樽の開港を支えた「おたるみなと資料館」などの講義から、「あまり知られていない歴史を学べたので、見学学習が楽しみになった。」との学園生からの声が多々ありました。見学学習はまん延防止等重点措置のため残念ながら中止となりましたが、石狩市の近隣の地域の歴史に触れることができ大変有意義な講座となりました。

 1 歴史講座写真2

 歴史講座写真3  歴史講座写真4

 

脳活塾 「認知機能低下防止プログラム」 の体験

 
 6月21日(月曜日)、令和3年度のはまなす学園講座がスタートしました。
 今回のテーマは脳活塾 「認知機能低下防止プログラム」 の体験、講師は認定NPO法人シーズネットで塾長をしている柿沼英樹氏です。
 緊急事態宣言が明け、久しぶりに集まった学園生は、ユーモアあふれる柿沼塾長の話を聞きながら手足を動かしたり、なぞ解きをしたり、とっても楽しそうでした。
 脳活には、コミュニケーションが大切だと教えられる講座でした。 実は ”脳活” と ”社会教育” は共通点が多い。ふむふむ...勉強になります。

 脳活写真1 脳活写真2

 脳活写真3 脳活写真4

 

令和3年度はまなす学園入学式

                                                                                                                                                                                                                      s       
 
令和3年4月19日(月曜日)、はまなす学園第1回講座「入学式」が花川北コミュニティセンターにて挙行されました。                       
 本年度は、定員の70名には至りませんでしたが、前年度より8名多く、新規の方13名を含む51名の方が入学されました。                              
   教育長からは、昨年度からのコロナ禍の中で感染防止対策を徹底しながらもできる範囲で取り組んできた学園生の、学びの意欲に対する敬意と、今年度は「脳活」や「郷土の歴史」、「日本ハムファイターズ」などの新しい講座も設定され、テーマの『健(たける)』に向かい「コロナ禍に負けず健康・健全に学びにチャレンジする一年間」になることを願う旨の挨拶がありました。当日は、前年度役員の方々に会場準備や受付(写真下)、クラブ紹介をしていただき、後始末は参加された皆さんの協力で、スムーズに終了しました

<写真は、教育長挨拶・オリエンテーション・受付のようす> 

1-2   1-3   1-4       

      ―学園生の内訳―

60歳代  9人 70歳代 28人 80歳代  13人  90歳代  1人

女性 35人 男性 16人 計 51人 ( 継続 38人  新規 13人 )

                                                                                

 

令和3年度はまなす学園生募集

 

 〇令和3年度はまなす学園生募集a
 

 令和3年度の学園生を募集します。
 申込期間は令和3年3月1日~30日の17時までです。
 

 対象 60歳以上で1年間継続的に受講できる方
 日程 令和3年4月19日~令和4年2月7日 全16回
 場所 花川北コミュニティセンター
 定員 70人(申し込み多数時は抽選します)
 費用 年5,800円程度
 申込 石狩市公民館にお電話ください。 0133-74-2249

 〇一緒に楽しみませんか?

 はまなす学園は楽しみがいっぱいです。
 生活のためになる講座や楽しい学園行事はもちろん、なにより学園生同士の絆が強い!
 新しいお友達もできてハッピーになること間違いなしです。

 

石狩市シニアプラザはまなす学園

 

 〇はまなす学園とは

 午前は健康、教養、医療などの主に学習講座、午後はリズムダンス、コーラス、パークゴルフ、映画鑑賞、ゲームなどの自主クラブ活動を月2回程度(主に第1、3月曜日)、全16回開催します。
 また、スポーツレクや学園文化祭、社会見学といった行事もあります。
 対象は60歳以上で1年間継続的に受講できる方です。

 

 

 

 

 

令和3年度はまなす学園入学式

4月19日(月曜日)、はまなす学園第1回講座「入学式」が花川北コミュニティセンターにて挙行されました。
本年度は、定員の70名には至りませんでしたが、前年度より8名多く、新規の方13名を含む51名の方が入学されました。教育長からは、昨年度からのコロナ禍の中で感染防止対策を徹底しながらもできる範囲で取り組んできた学園生の、学びの意欲に対する敬意と、今年度は「脳活」や「郷土の歴史」、「日本ハムファイターズ」などの新しい講座も設定され、テーマの『健(たける)』に向かい「コロナ禍に負けず健康・健全に学びにチャレンジする一年間」になることを願う旨の挨拶がありました。当日は、前年度役員の方々に会場準備や受付(写真下)、クラブ紹介をしていただき、後始末は参加された皆さんの協力で、スムーズに終了しました。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)