ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 分類でさがす > くらしの情報 > 福祉 > 障がい者 > 生活のしづらさなどに関する調査(全国在宅障害児・者等実態調査)にご協力をお願いします

生活のしづらさなどに関する調査(全国在宅障害児・者等実態調査)にご協力をお願いします

印刷用ページを表示する 掲載日:2022年11月21日更新

生活のしづらさなどに関する調査(全国在宅障害児・者等実態調査)

石狩市では厚生労働省の委託を受け、「令和4年生活のしづらさなどに関する調査(全国在宅障害児・者等実態調査)」を実施します。
対象の世帯には、調査員が訪問しますので、ご協力をお願いします。

調査の概要

調査の目的

障害者施策の推進に向けた検討の基礎資料とするため、在宅の障害児・者等の生活実態とニーズを把握することを目的としています。

調査対象

令和2年国勢調査の調査地区から抽出された全国5,363調査地区に居住する在宅の障害児・者等(石狩市は2調査地区が指定されています)。
・障害者手帳(身体障害者手帳、療育手帳または精神障害者保健福祉手帳)をお持ちの方
・難病等患者
・これまで法制度では支援の対象とならないが、長引く病気やけが等により生活のしづらさがある方

調査の実施日

令和4年12月1日(木曜日)を調査基準日として実施します。

調査方法

事前に調査地区の世帯に「調査のお知らせ」を配布します。
12月上旬から中旬に調査員が調査地区の世帯を訪問し、調査の趣旨等を説明のうえ、調査対象者の有無を確認します。
調査の対象となる方に調査票をお渡しすますので、記入し、郵送で提出してください。
※調査員は、石狩市が発行する調査員証を携帯しています

秘密の保護

調査票には名前や住所を記入する欄はありませんので、個人が特定されることはありません。また、統計上の目的以外に用いることはありません。

厚生労働省ホームページ

詳細は厚生労働省ホームページ「令和4年生活のしづらさなどに関する調査(全国在宅障害児・者等実態調査)」をご参照ください。

令和4年生活のしづらさなどに関する調査 (全国在宅障害児・者等実態調査)ポスター画像