ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 分類でさがす > しごとの情報 > 産業振興 > 商工業 > 働き方改革関連法の施行に向けた取引上の配慮について

働き方改革関連法の施行に向けた取引上の配慮について

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年5月30日更新

事業主の皆さんへ

 労働時間等設定改善法が改正され、他の事業主との取引において、長時間労働につながる短納期発注や発注内容の頻繁な変更を行わないよう配慮する必要があります。

 事業主の皆さんは、他の事業主との取引を行うに当たって、次のような取組が行われるよう、企業内に周知・徹底を図りましょう。

 (1) 週末発注・週初納入、終業後発注・翌朝納入等の短納期発注を抑制し、納期の適正化を図ること。
 (2) 発注内容の頻繁な変更を抑制すること。
 (3) 発注の平準化、発注内容の明確化、その他の発注方法の改善を図ること。

 ※ 労働時間等設定改善法とは・・・
   事業主等による労働時間等の設定の改善に向けた自主的な努力を促進するための特別の措置を講ずることにより、労働者がその有する能力を有効に発揮できるようにしようとする法律です。

 


 詳細は、政府広報ホームページまたは下記リーフレットをご覧ください。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)