ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 分類でさがす > しごとの情報 > 産業振興 > 商工業 > 令和3年度水産業労働力確保緊急支援事業のうち人材確保支援事業の第3次募集開始について

令和3年度水産業労働力確保緊急支援事業のうち人材確保支援事業の第3次募集開始について

印刷用ページを表示する 掲載日:2021年2月4日更新

令和3年度水産業労働力確保緊急支援事業のうち人材確保支援事業の第3次募集開始について

  新型コロナウイルス感染症の影響で、当初受入れを予定していた外国人技能実習生等が入国できなかったこと等により、人手不足となった漁業・水産加工業の経営体に対し、水産庁では国内人材を雇用する際の掛かり増し賃金、傷害保険料等を支援する「水産業労働力確保緊急支援事業のうち人材確保支援事業」を実施しています。

 ※令和3年1月1日から受付が開始となりました。 詳しくは、全国水産加工業協同組合連合会のホームページをご覧ください。

 全国水産加工業協同組合連合会(外部リンク)

 

 

 1 申請期間

   (1)令和2年4月から令和2年12月末までの期間における人材確保について支援を受けたい方

      令和3年2月19日まで

   (2)令和3年1月から3月までの期間における人材確保について支援を受けたい方

       令和3年3月10日まで

 2 補助対象

   受入れを予定していた外国人技能実習生等が入国できなかったこと等により人手不足となった
   漁業・水産加工業等の経営体

 3 対象経費

   当初受入れを予定していた外国人技能実習生等の代わりとして、地域の作業経験者等の国内人材を
   雇用するにあたり必要となった掛かり増し賃金、掛かり増し傷害保険料、及び新たに発生した宿泊費、
   または借上料

 4 助成率

   定額(掛かり増し賃金(上限:5,000円/日以内(500円/時×10時間/日))、保険料(上限:2,000円/月)、
   宿泊費(上限:6,000円/日、かつ、100,000円/月)、交通費(上限:30,000円/月) )

 5 要件等

   (1)当初受入れを予定していた外国人技能実習生等が入国できなかったことなどにより人手不足となった
     経営体であること
   (2)対象は受入れを予定していた外国人技能実習生等の人数の範囲内

 6 必要書類

   受け入れる予定であったことを示す書類(技能実習計画書、雇用契約書等) 

 7 お問い合わせ

   【申請窓口】

    全国水産加工業協同組合連合会 
    水産業労働力確保緊急支援事業担当
    電話 03-3662-2040

   【お問い合わせ先】

    水産庁企画課     03-6744-2340
    水産庁加工流通課  03-6744-2349