ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

助産施設制度

印刷用ページを表示する 掲載日:2021年4月1日更新

 

助産施設とは

経済的理由により入院助産を受けることができない妊産婦が入所して、助産を受けることを目的とする児童福祉施設です。

 

対象者

市内在住の出産費用を賄うことができない状況にあると認められる妊産婦の方で、下記のいずれかに該当する方。

1.生活保護を受給している世帯

2.当該年度分の市民税非課税世帯(入所時期が6月以前の場合は前年度分)

3.前年分の所得税が非課税世帯

4.前年分の所得税が8,400円以下で特別の事情が認められる場合

(3、4の場合、健康保険等から受け取ることができる出産一時金等が40万4千円以上の方は対象とならないことがあります。)

 

施設一覧

施設名

 所在地 

電話番号
対象施設
勤医協札幌病院 札幌市白石区菊水4条1丁目9-22 011-811-2246
朋佑会札幌産科婦人科 札幌市北区屯田6条2丁目11番1号 011-774-0303
手稲渓仁会病院 札幌市手稲区前田1条12丁目1-40 011-681-8111

※石狩市内に助産施設はなく、最寄りの施設は札幌市の上記の病院となります。

 

費用

所得により自己負担を求めることがあります(詳細についてはお問い合わせください)。

 

申し込みに必要な書類

申請には次の書類が必要です。申請書類は市役所1階18番窓口へご提出ください。

1.助産施設入所申込書(※1)

2.世帯全員の健康保険証(※2)または社会保険加入証明書

3.世帯全員の課税状況を確認する書類(源泉徴収票、確定申告書、生活保護受給者証明書など)

4.母子健康手帳

5.マイナンバー(個人番号)確認書類 [PDFファイル/40KB]

6.本人確認書類 [PDFファイル/67KB]

※1 石狩市役所子ども家庭課〈18番の窓口〉で用紙をお渡しします。

※2 健康保険証として利用されているマイナンバーカードはお取り扱いできません。

 

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)