ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

養育医療の給付

印刷用ページを表示する 掲載日:2021年4月1日更新

 

養育医療とは

身体の発育が未熟のまま生まれ、入院養育を必要とする乳児について、医療費の一部を公費負担する制度です。なお、体重や症状等の条件があります。

 

対象者

次のいずれかにあてはまる、医師が入院養育を認めた乳児(指定医療機関あり)。

  • 出生時体重2,000g以下の乳児
  • 一般状態に異常のある乳児
  • 体温が摂氏34度以下の乳児
  • 呼吸器、循環器、消化器系に異常のある乳児
  • 異常に強い黄疸のある乳児

 

申請方法

申請には次の書類が必要です。申請書類は市役所1階18番窓口へご提出ください。 

1.養育医療給付申請書(※1)

2.指定医療機関の医師の意見書(※1)

3.世帯調書(※1)

4.健康保険証の写し(※2)

5.マイナンバー(個人番号)確認書類 [PDFファイル/40KB]

6.本人確認書類 [PDFファイル/67KB]

7.世帯員の前年の所得税額を証明する以下の書類が必要です  

(1)生活保護を受けている方
  生活保護受給証明書

(2)給与所得者・年金受給者等で確定申告をしていない方
  源泉徴収票

(3)確定申告をされた方
  確定申告書の控(税務署の受付印の押印済み)

※1 石狩市役所子ども家庭課〈18番の窓口〉で用紙をお渡しします。

※2 健康保険証として利用されているマイナンバーカードはお取り扱いできません。

※【令和3年6月まで】扶養義務者が未婚のひとり親で、一定の要件に当てはまる方は、地方税法上の「寡婦・寡夫控除」が適用されたものとみなします。この控除を受けるためには申請が必要ですので、詳しくはお問合せください。

 

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)