ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

業務指標(PI)について

印刷用ページを表示する 掲載日:2022年6月2日更新

 

 

 

 

 

 

「水道事業ガイドライン」に基づく業務指標を試算しました

 石狩市(水道施設課)では、水道事業のサービス水準の向上を図るため、水道事業ガイドラインに基づく業務指標を試算しましたので、お知らせします。

水道事業ガイドラインの概要

 水道事業ガイドラインは、水道事業の定量化(数値化)によるサービス向上を目的として、平成17年1月に日本水道協会によって制定されたものです。「水道事業ガイドライン」では、水道サービスを一定の算定式を用いて数値化した業務指標で示されており、各指標は水道サービスを将来にわたり維持していくうえでの目標となる、「安全で良質な水」「安定した水の供給」「健全な事業経営」の3つの目標を体系的に整理した上で、水道事業を119項目の指標で定量化し、目標の達成度を表しています。

業務指標(PI)の公表

 今回の業務指標は、平成28年度から令和2年度までの5ヵ年について掲載しています。なお、水道事業ガイドラインは、平成28年3月に改定されましたので、平成28年度 数値より新規格(JWWAQ100:2016)で算出したものとなります。水道事業ガイドラインに基づく業務指標の計算結果(平成28年~令和2年度) [PDFファイル/789KB]

業務指標(PI)の活用について

 この業務指標を活用することで、客観的な水道事業経営の分析が可能になり、みなさまに、よりわかりやすい情報の提供ができるものと考えています。
 石狩市では、長期的な観点からの経営戦略を策定し、それを計画的に実行するべく、「石狩市新水道ビジョン」を策定しています。
 試算された業務指標は、「石狩市新水道ビジョン」の中で、事業の現状及び問題点等の分析・評価に役立てています。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)