ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織・課名でさがす > 企画課 > 第3期AIオンデマンド交通「いつモ」実証運行

第3期AIオンデマンド交通「いつモ」実証運行

印刷用ページを表示する 掲載日:2024年4月17日更新

【回答のお願い】第2期オンデマンド交通「いつモ」実証運行利用者アンケート

2023年9月から2024年3月までの期間で実施いたしました第2期オンデマンド交通「いつモ」実証運行につきまして、たくさんの皆さまのご利用をいただき誠にありがとうございました。

実際にご利用をいただいた皆さまからのお声を集め、今後の運行をより良いものとしていくため、アンケートを作成しましたので以下のURLからご回答をよろしくお願いします。

 

市内オンデマンドをご利用の方はこちらから

https://forms.office.com/r/fhx3cLhWyL

通勤オンデマンドをご利用の方はこちらから

https://forms.office.com/r/uqVUkZZKuf

 

いただいたご意見につきましては個人が特定されない形で集計し、機能改善等に活用させていただきたいと考えております。

多くの皆さまからのご回答をお待ちしております。

今後ともオンデマンド交通「いつモ」のご利用をよろしくお願いします。

いつモ専用アプリのダウンロードはこちら

Android OSの方                

android               ​

https://play.google.com/store/apps/details?id=com.marubeni.ishikari

 

 iOSの方

Ios

https://apps.apple.com/jp/app/%E3%81%84%E3%81%A4%E3%83%A2/id1639363582

いつモ特設ホームページはこちら

特設ホームページ

特設ホームページ(外部リンク。)

 

いつモのチラシはこちら

チラシ表面いつモチラシ裏面

目的

道央圏の産業物流拠点として発展する石狩湾新港地域ですが、公共交通を使って通勤している従業員は全体の2%弱に留まっており、マイカー通勤(約68%)と立地企業の自社バス(約30%)が主たる通勤手段となっています。また、令和5年3月31日をもって、石狩湾新港地域の3路線が廃線となり、生振地区は公共交通空白地、緑苑台地区は公共交通不便地域であることから、これらの課題を解決すべく、2022年度に行った第1期実証運行、2023年度に行った第2期実証運行を踏まえ、第3期実証運行においては、4月1日から3月31日まで、春・夏期間も含む年間を通しての交通システムのトライアルとしてオンデマンド交通の実証運行を実施し、最適な交通システムの検討を行います。

実証運行の愛称及びロゴマーク

愛称 本実証運行の愛称は「いつでも つながる モビリティ」を略して「いつモ」といたします。

ロゴマーク 「いつモ」のロゴは以下のとおりです。

いつも

オンデマンド交通とは

オンデマンド交通とは、スマートフォンアプリを通じて予約できる、バスの乗合性とタクシーのデマンド性とを兼ねそろえた新たな交通手段です。

 

中間のやつ 利便性補完性生産性

実証運行は2つのオンデマンド交通で行います!!

今回の実証運行でも2つのオンデマンド交通により行います。

1.通勤シャトル・乗継便

  石狩湾新港地域の立地企業従業員を運ぶ通勤シャトルです。

2.市内オンデマンド

  通勤のオフピーク時間に、市内を走行するオンデマンド交通です。

通勤シャトル・乗継便

実証期間 令和6年4月1日から令和7年3月31日まで(365日運行予定)

対象者 石狩湾新港地域の立地企業で働く従業員

予約方法 専用アプリによる予約のみ

通勤シャトル乗継便

市内オンデマンド

実証期間 令和6年4月1日から令和7年3月31日まで(365日運行予定)

実施時間 7時から19時まで ただし、乗り合いを前提としているため、必ずしもご希望の時間に添えない場合がございます。

対象者 対象エリアを移動する方(石狩市民以外でも利用可能)

    ただし、必ず発着地のどちらかは生振地域、緑苑台地域、石狩湾新港地域のいずれかでなくてはならず、花川樽川地域内での発着はできませんのでご注意ください。

予約方法 専用アプリによる予約及び電話予約

市内地図

利用規約とプライバシーポリシー

今回の実証運行で使用する専用アプリの利用規約及び個人情報に関するプライバシーポリシーは以下のとおりです。

利用規約 [PDFファイル/305KB]

プライバシーポリシー

詳細情報を随時更新していきます!

詳細情報が決まり次第、情報を更新していきます!ご期待ください!!

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)